2023.08.14

富樫勇樹「勝ちにもこだわって」ワールドカップ前最後の強化試合3連戦へ意気込み

取材に応じる富樫勇樹[写真]=田島早苗
バスケ情報専門サイト

 8月14日、都内で国際強化試合「SoftBank CUP 2023(東京大会)」アンゴラ戦の前日練習が行われ、男子日本代表FIBAランキング36位)の富樫勇樹千葉ジェッツ)がメディアの取材に応じた。

 8月25日に開幕する「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」まで2週間をきり、約2カ月間の強化合宿を行ってきた日本代表の調整も最終段階に突入。15日にアンゴラ、17日にフランス、19日にスロベニア代表との強化試合を経て、いよいよ25日の大会初戦・ドイツ戦に臨むことになる。

 チームのキャプテンを務める富樫は「最後にこうやって強豪国と3試合できることは、チームにとっていい経験になると思います。ワールドカップ初戦のドイツ戦に向けて、この3試合がすごく大きくなってくる。内容もそうですし、勝つ雰囲気も大事になってくると思うので、この3試合は勝ちにもこだわってやっていきたいと思います」と意気込みを示した。

 この3連戦の位置付けに関しては、「どのチームも似ているところがありながら違うので。この3試合は自分たちのやりたいバスケットができるかだと思う」と話し、勝利を目指しつつ、これまで取り組んできたことの確認にも重きを置くと説明。75-94で敗れた4日のニュージーランド戦の反省を踏まえつつ、「いろんな練習をしてきているので、(対戦相手への対策よりも)どちらかというと自分たちがやってきたことをどれだけ出せるか、というのを大事にやっていきたいと思います」と話した。

 この日、ワールドカップ本番前最後の強化試合3連戦「SoftBank CUP 2023(東京大会)」に臨む日本代表のメンバー12人も発表された。ワールドカップ本番の最終ロスター確定ではないものの、ワールドカップ直前合宿のメンバーから、さらに人数が絞られた。

 富樫は「何人かの選手はかなりストレスを抱えながら臨んでいたと思う」と過酷な競争で奮闘してきたチームメートたちを気遣いつつ、「全員そうですけど、目標は(最終ロスターの)12人に残ることではなく、どう世界と戦って、1勝、2勝、1次ラウンド突破、アジア1位になれるかだと思う。一旦(気持ちが)落ち着く選手はいると思いますけど、『ここからだ』と、もう一回ギアを上げて頑張っていきたいと思います」と引き締めた。

 また、体のサイズで劣る日本代表について「世界から見たらかなり小さい」と認めつつも、スピードと3ポイントシュートをテーマに掲げ「やることは変わらない」と挑戦し続けることを強調。

 ともにスピード感溢れるプレーが期待される河村勇輝とのガードコンビ“Wユウキ”についても言及し、「同じ時間に出ることはほとんどないと思いますけど、12人という数少ない枠に(小柄な)2人が入るということは、僕からしてもそう簡単な決断ではないと思いますし、僕も河村も、そこは“できる”と証明しなきゃいけない。トムさん(ホーバスヘッドコーチ)のバスケはサイズではなくスピードを重要視していると思う。サイズの部分でマイナスになる部分もあると思うので、違う部分でどれだけプラスを作れるか考えてやっていきたいと思います」と力を込めた。

BASKETBALLKING VIDEO