2023.08.14

ワールドカップ前最後の3連戦へ力を込める河村勇輝「今の実力でどれだけ世界と戦えるか」

メディア対応を行った河村[写真]=田島早苗
国内外のバスケ情報をお届け!

 8月14日、日本バスケットボール協会が15日から有明アリーナで行われる国際強化試合3連戦「SoftBank CUP 2023(東京大会)」の日本代表登録メンバー12名を発表。河村勇輝横浜ビー・コルセアーズ)がメディア対応を行った。

「残り2週間を切った中でワールドカップに出場するアンゴラや世界ランキング上位のヨーロッパのチームとやれるのは、僕たちにとってすごくいい経験になると思います。試合を通してワールドカップへいい準備ができたらいいなと思います」

 東京大会へ向けて意気込んだ河村は「最終選考がほとんど決まりつつある中で、残りたかった選手の気持ちはすごく感じています。彼らの分まで戦い抜かないといけないという気持ちもあり、すごくモチベーションが上がっています」と、現在の心境を明かした。

「ワールドカップに向けて体を作ってきた」という河村は、「僕のバスケット人生はこれからなので、来シーズンでのプレーであったりコンディションアップのためにしっかりと体作りに励んできました。バスケットをすればするほどシェイプしていって、体重は簡単に増えないのですが、500グラムから1キロくらいは筋肉量として増えました」と、今後の自身のキャリアを見据えて、地道な努力を積み重ねているようだ。

 また、初めて世界の大舞台を経験することとなる22歳の司令塔は、ワールドカップへの熱い思いを語った。「今の自分の力でどこまでやれるのか純粋に楽しみですし、世界のトップレベルと戦うことで課題は絶対に出てくると思います。将来の目標である世界で通用する選手、世界のリーグで活躍する選手に何が必要かが分かる大会だと思う。もちろん日本としてはパリオリンピックへの出場権を獲得する大きな目標がありますが、個人としては今の実力でどれだけ世界と戦えるのか測れる大会なのかなと」。

 そのためには「自信を持ってプレーすることが一番大事」だと言う河村は、「僕自身アジアでの経験しかない中で、これから世界の本当のトップレベルのチームとやることになります。NBA選手だったり、これまで画面の中でしか見てこなかった選手と戦うことになるので、萎縮することなく、技術よりもまずはメンタル面を保って戦い抜くことが大事です」と力を込めた。

 日本代表はワールドカップ前最後の強化試合として、15日にアンゴラ(同41位)、17日にフランス(同5位)、19日にスロベニア代表(同7位)と対戦。本大会に向けて、河村は貴重な経験を積むことになる。

BASKETBALLKING VIDEO