2023.08.06

残留争いがさらに激化した太田大会…ホーバスHC「アンゴラ戦までこのままの可能性も」

メンバー確定への苦悩を明かしたホーバスHC [写真]=伊藤大允
バスケ情報専門サイト

 8月4日、「バスケットボール男子日本代表国際強化試合2023 太田大会」がオープンハウスアリーナ太田(群馬県)で行われ、ワールドカップを目前に控える男子日本代表(FIBAランキング36位)は、75-94でニュージーランド代表(同26位)に敗戦。試合後、トム・ホーバスヘッドコーチとキャプテンの富樫勇樹千葉ジェッツ)がメディアの取材に応じた。

 第1戦の勝利から一転し、終始リードを奪えなかった日本。ホーバスHCは「こういうはゲームたまにあります。最初からリズムとか雰囲気が違かったかな。流れが来るかなというところでミスがあったり、うちらしいバスケじゃなかったです」と試合内容を振り返った。また、富樫も「自分たちのペースでプレーさせてもらえる時間は少なかった」としつつ、「ターンオーバーを20以上誘えたりと、もちろん良いところもあったと思うので次の試合に活かしていけたら」とポジティブな感想も述べた。

 この試合で課題となったリバウンドの部分については「ジョシュ(・ホーキンソン)と(渡邉)雄太が入るんだったら全然問題ない」と言い切ったホーバスHC。この2人のメンバー入りを前提とし「4番、5番を川真田(紘也)か井上(宗一郎)か(渡邉)飛勇か。この試合で誰がリバウンドを取れる、誰がフィジカルで負けるという判断ができた」と残るインサイド枠の選抜に有意義な試合となったことを明かしてくれた。

 その他のポジションについても「今まで富永(啓生)が良いバスケットやっていたけど、今日はあまり良くなかった。マコ(比江島慎)が今日良いバスケットをして、シュートもドライブも良かった。本当に2番、3番は難しいです」と語る。また、西田優大金近廉にはいろいろ経験させたかったと話したうえで、「西田はポイントカードのプレーもよくやっているし、ディフェンスコンタクトも全然問題とせずバスケットができていてすごく良かった。金近は久しぶりに金近らしいバスケットが見られて良かったです」と2人を評価した。

安定した活躍でHCから信頼を寄せられるキャプテンの富樫 [写真]=伊藤大允

 ともに会見に臨んだ富樫の活躍ぶりについて「本当に良いテンポを作ったし、シュートもよく入っていた。勇樹はキャプテンですから当たり前です。そこはもうわかっているので勉強する必要はないです。他の選手たちが見たいです」と絶大な信頼を言葉で表現したホーバスHC。一方、富樫本人は「日本はどのチームを対戦してもサイズ的に劣るので、自分たちからまず仕掛けるというチームのコンセプトがあって、それはトムさんの体制になって初日から常に言われています。そこが今日は足りなかったのかな」とHCの期待するバスケットをしっかりと汲み取っていた。

 富樫は、第2クォーターで河村勇輝と交代する際に話していた内容について聞かれると「ディフェンスの部分を話していました。全部を守ることは難しいと思いますが、この選手にこういうシュートは打たせてはいけないというのがそれぞれあるので。チームで作戦を練って、それをコートに出てる選手が遂行できたら良いと思います」と答えた。また、ホーバスHCはこの太田大会で戦線復帰となった河村について「スターティングメンバーにできるかどうか判断しています」と語った。

 一戦一戦輝きを放つ選手は変わり、ホーバスHCも頭を悩ませるメンバー選出。「フランス戦、スロベニア戦の前に12人にしたいけれど、アンゴラ戦までこのまま行く可能性もあります。でもやっぱり難しい」と今後の予定について教えてくれた。ワールドカップ開幕まで約2週間、精神をもすり減らすサバイバルレースを勝ち抜くのはどの選手か。残りの強化試合で見せる各選手のアピールに今後も目が離せない。

BASKETBALLKING VIDEO