2023.08.20

絶対的シューターの富永啓生…日本の生命線である3ポイントシュートについて「あとは決め切るだけ」

3ポイント成功2本に終わったスロベニア戦を富永が振り返った [写真]=伊藤大允
フリーライター

 8月19日、「SoftBank CUP 2023(東京大会) バスケットボール男子日本代表国際強化試合」(有明アリーナ)の第3戦が行われ、男子日本代表はスロベニア代表と対戦した。

 日本は、第1クォーターで5点のビハインドを負うと、その後も思うように得点が伸びず。ルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス)を起点にコンスタントに得点を重ねたスロベニアの前に68ー103で敗れた。

「チームとして3ポイントシュートを決めることができず、自分としても全然ダメで、このシュートパーセンテージでは絶対に勝てないと感じました。シュートが入らないこともあって、(試合では)相手の流れになることが多く、難しい試合でした」

 こう試合を振り返ったのは富永啓生(ネブラスカ大学)。46本中10本の決定で、確率は21.7パーセントに終わった日本の3ポイントシュートについても「シュートはその日によって調子は変わってくるものではありますが、それでもやっぱりもっともっと上げていかないといけないと思います。いいスペースは作れていたと思うので、それを決め切れなかったところが今回の敗因だと思います」と、語った。

「シュートタッチがなかなか合ってこなかったというか、(相手の)ディフェンスの強度はもちろん強いとは思うのですが、オープンにならないわけではなかったので、あとは決め切るだけかなと思っています」と、2本に終わった自身の3ポイントシュートについても言及した富永。試合では、個人としてもチームとしてもシュート確率が上がらない中で「それでもシュートを打つことを止めてしまったらそれまでなので、まずは決め切ることを徹底して。それにペイントタッチも大事になってくると思って、そこも意識していました」という。

 スロベニアには35点差で敗れたものの、有明アリーナで行われた3試合を終えて「一言で言うと、とてもいい経験になったというのがあって、ワールドカップ前に世界の強豪チームと試合ができるのは、すごく自分たちの力になりますし、課題もはっきりします。それプラス、自分たちが通用するという自信にもなった3試合だったと思います」と、力を込める。

 また、外角シュートに関しては、「自分の役割だし、この役割を全うすることが大事だと思っています。シューターがシュートを打たなかったら、それはチームにいる意味がなくなってしまうので、責任を持って、打ち切って、決め切るだけだと思います」と、力強く発した。

アジア1位を目指す日本にとっては富永が3ポイントは重要な武器となる [写真]=伊藤大允


 試合後の取材では「決め切る」という言葉を多く発していた富永。日本が誇るシューターは、「すごく楽しみな気持ちでいますし、とにかく何が何でもアジア1位を取りたいので、死に物狂いで頑張るしかないと思っています」と、国際強化試合で得た自信を胸に、大一番へと向かう。

文=田島早苗

BASKETBALLKING VIDEO