2023.12.17

インカレ男子個人賞が発表…白鷗大を優勝に導いた脇真大が得点王と最優秀選手賞に輝く

インカレ決勝戦ではチーム最多の17得点を挙げた脇真大(写真は2回戦のもの) [写真]=兼子愼一郎
バスケ情報専門サイト

 12月17日、太田市総合体育館で『第75回全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ2023)』男子決勝が開催。白鷗大学が東海大学を71-68で下して、2年ぶり2度目の優勝を果たした。

 インカレ2023の男子個人賞が発表され、優勝した白鷗大からは、得点王を獲得した脇真大が最優秀選手賞に輝いた。さらに、佐藤涼成とモンガ・バンザ・ジョエルが優秀選手賞に選出されると、優秀監督賞には指揮官を務めた網野友雄氏が選ばれた。

 準優勝の東海大からは、西田陽成とともに3ポイント王となった、黒川虎徹が敢闘賞に選ばれると、ハーパー・ジャン・ローレンス・ジュニアは優秀選手賞に名を連ねた。

 そのほか、優秀選手賞には、リバウンド王となったクベマ・ジョセフ・スティーブ(専修大学4年)と、アシスト王とMIPに輝いた小川敦也(筑波大学3年)が選出されている。

 インカレ2023の男子最終順位と個人賞は以下のとおり。

■男子最終順位
1位:白鷗大学(2年ぶり2回目)
2位:東海大学
3位:筑波大学
4位:専修大学

■男子個人賞
<最優秀選手賞>
脇真大白鷗大学4年)

<敢闘賞>
黒川虎徹(東海大学4年)

<優秀選手賞>
佐藤涼成(白鷗大学2年)
モンガ・バンザ・ジョエル(白鷗大学2年)
ハーパー・ジャン・ローレンス・ジュニア(東海大学3年)
小川敦也(筑波大学3年)
クベマ・ジョセフ・スティーブ(専修大学4年)

<得点王>
脇真大白鷗大学4年)

<3ポイント王>
黒川虎徹(東海大学4年)
西田陽成(東海大学3年)

<リバウンド王>
クベマ・ジョセフ・スティーブ(専修大学4年)

<アシスト王>
小川敦也(筑波大学3年)

<MIP>
小川敦也(筑波大学3年)

<優秀監督賞>
網野友雄(白鷗大学

BASKETBALLKING VIDEO