2019.07.12

レイカーズが狙っていたアダムスAC、ウォリアーズ残留で6年目のシーズンへ

アダムスAC(左)のディフェンス構築はウォリアーズにとって非常に重要なファクターだった [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

噂されていたアダムスACはウォリアーズ6年目のシーズンへ

 7月12日(現地時間11日)、現地メディアの『ESPN』によると、ゴールデンステイト・ウォリアーズのロン・アダムスAC(アシスタントコーチ)は、同球団に残留するという。

 もともとはロサンゼルス・レイカーズが、フランク・ボーゲル新ヘッドコーチを中心としたコーチ陣にさらにもう1人のACを加えようと、ウォリアーズからアダムスACと話す機会を得ていた。だが正式なオファーはなかったようだ。

 アダムスACはウォリアーズで重要なコーチの1人としてディフェンス構築を担当し、同球団での5年目のシーズンを終えたばかりだった。今夏はケビン・デュラントのブルックリン・ネッツへのサイン&トレードによる移籍に伴い、大幅なロスター改革を行っているため、新たなメンバーたちの守備の礎を築くことが、再びファイナルの舞台に立つ上で1つの課題になるかもしれない。

 レイカーズは引き続きアシスタントコーチの候補者を模索していくそうだ。