2019.11.30

イースト上位のラプターズ、欠場中の“ベテラン組”ラウリーとイバカが12月に復帰へ

ラウリー(左)とイバカ(右)不在の9試合で、ラプターズは7勝を挙げている[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

両ベテラン不在の中、レイカーズとシクサーズに勝利を収める大健闘

 昨季の覇者トロント・ラプターズは、11月29日(現地時間28日)終了時点でイースタン・カンファレンス2位タイ(13勝4敗)という好位置にいる。

 今季はパスカル・シアカムとフレッド・バンブリートを中心に、チームは現在5連勝中。ウェスタン・カンファレンス首位に君臨するロサンゼルス・レイカーズ(16勝2敗)や昨季プレーオフで激闘を演じたフィラデルフィア・セブンティシクサーズ(12勝6敗)にも勝利しており、上々のスタートと言っていい。

 もっとも、このチームは11日(同10日)以降の9試合をカイル・ラウリーサージ・イバカ不在の状況で戦っている。ラウリーは左手親指、イバカは右足首を痛めており、キャリア10年以上を誇るベテランデュオが欠場を続ける中、レイカーズとシクサーズに勝利を収めたことは今後に向けて好材料だろう。

 そして、両ベテランが復帰することで、ラプターズはさらに戦力アップすることが濃厚だ。

 ラプターズのレポーターを務めるエリック・スミスによると、ニック・ナースHC(ヘッドコーチ)が「12月2日(同1日)には出場できるといいね」とコメントしており、まもなく出場することになるという。

 30日(同29日)にアウェーでオーランド・マジック戦を終えると、ラプターズは2日(同1日)からホーム3連戦のため、調整しやすいスケジュールと言っていい。

 戦力アップが見込めるディフェンディング・チャンピオンが、どこまで調子を上げるのか、非常に楽しみだ。

12月にフルメンバーがそろうことが予想されるラプターズ[写真]=Getty Images