2020.04.20

今季終了後にFAとなるダニーロ・ガリナーリがキャリアの終着点について発言

NBAキャリア11年目をプレーするガリナーリ[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

「ユーロリーグで数シーズンをハイレベルでプレーできたら最高だろうね」

 4月20日(現地時間19日)、オクラホマシティ・サンダーで先発パワーフォワードを務めるダニーロ・ガリナーリが母国イタリアのラジオ番組のインタビューに応じた。

 2008年のドラフト1巡目全体6位でニューヨーク・ニックスから指名された208センチ105キロのフォワードは、キャリア2年目の09-10シーズンから平均2ケタ得点を残している好選手。

 これまでのキャリアでニックス、デンバー・ナゲッツ、ロサンゼルス・クリッパーズでプレーし、今季はサンダーで55試合に出場して平均30.7分19.2得点5.5リバウンド2.1アシストをマーク。3ポイント成功数(平均3.0本)は自己最高で、40.9パーセントという高確率で沈めている。

 31歳のガリナーリは、今季終了後に制限なしフリーエージェント(FA)となるのだが、キャリア平均16.2得点4.9リバウンド2.0アシストを誇り、ストレッチ4としても十分機能するベテランは、来季以降もNBAでプレーすることが大方の予想。

 そんな中、ガリナーリはバスケットボールキャリアの終着点として、NBA入り前に所属していた母国イタリアのオリンピア・ミラノでプレーすることを望んでいると明かした。

「ユーロリーグで数シーズンをハイレベルでプレーできたら最高だろうね。そしてチームを勝利へと導ければなおいいね。僕はそうやってキャリアを終えたいんだ」。

 母国イタリアのメディアとのインタビューということで、この発言はガリナーリのリップサービスも含まれていたのかもしれない。

 とはいえ、ガリナーリは昨夏中国で行われたFIBAワールドカップにイタリア代表として出場し、チームトップの平均17.2得点に5.6リバウンド2.8アシスト1.0スティールをマーク。大会を10位で終えたものの、ガリナーリの柔らかかつ正確なシュート力は国際大会でも見事で、母国への愛国心も相当なもの。

 来季イタリアへ帰還するかは微妙だが、ガリナーリが今後、自身のキャリアが終盤に差し掛かってきたと判断すれば、NBAを離れて母国へ帰還する可能性は大いにありそうだ。

昨夏のワールドカップではFG、3ポイントともに成功率50%超えを記録したガリナーリ[写真]=Getty Images