2020.11.13

昨季覇者レイカーズがデマー・デローザンを獲得すべく、スパーズとのトレードを狙う?

今季開幕を前に移籍の噂が報じられたデローザン[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月13日(現地時間12日)。『The Ringer』のケビン・オコナー記者は、ロサンゼルス・レイカーズがデマー・デローザン(サンアントニオ・スパーズ)をトレードで獲得することに関心があると報じた。

 昨季10年ぶり通算17度目の優勝を飾ったレイカーズは、今年のフリーエージェント(FA)戦線でアンソニー・デイビス、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、ラジョン・ロンドエイブリー・ブラッドリー、ジャベール・マギーがプレーヤーオプションを破棄して制限なしFAになる可能性を秘めている。

 さらに、ドワイト・ハワードやマーキーフ・モリス、ジャレッド・ダドリーなど複数のベテランが制限なしFAになることから、今季はロースターが変動することが予想されている。

 デローザンはカリフォルニア州コンプトンで生まれ育ち、高校(コンプトン高)、大学(サザンカリフォルニア大)まで同州で過ごしてきた。今年1月末に他界したコービー・ブライアント(元レイカーズ)に憧れ、大ファンであることを公言しているスイングマンは、オールスター選出4度、オールNBAチーム選出2度を誇る31歳。

 3ポイントは得意としておらず、ドライブとミドルレンジゲームを持ち味とするデローザンは、昨季平均22.1得点5.5リバウンド5.6アシストにフィールドゴール成功率53.1パーセントを残している。

 今季の契約がプレーヤーオプションのため、もしデローザンがこれを破棄すれば制限なしFAになるのだが、レイカーズはハーフコートにおける新たなショットクリエイターを獲得すべく、ダニー・グリーンとカイル・クーズマを含むパッケージをスパーズへオファーすることになるかもしれないと同記者が報じている。

BASKETBALLKING VIDEO