2020.11.26

昨季のブロックショット王、ハッサン・ホワイトサイドが8年ぶりに古巣キングスへ復帰

ホワイトサイドがキングスへ移籍[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月26日(現地時間25日)。フリーエージェントのハッサン・ホワイトサイドがサクラメント・キングスとの1年契約に合意したと『ESPN』が報じた。

 キャリア8年を誇るホワイトサイドは、213センチ120キロのビッグマン。キャリア平均13.7得点11.7リバウンド2.4ブロックを記録している31歳は、昨季ポートランド・トレイルブレイザーズで平均15.5得点13.5リバウンド1.2アシスト2.9ブロックをマーク。

 平均リバウンドはリーグ3位、同ブロックはリーグトップを残し、自身2度目のブロックショット王に輝いた。

 ホワイトサイドにとって、キングスは2010年のドラフト2巡目全体33位で指名されたチームであり、キャリア最初の2シーズンを過ごした古巣。今季はリショーン・ホームズやマービン・バグリー3世ネマニャ・ビエリツァらと共にフロントコートを形成していくこととなる。

BASKETBALLKING VIDEO