2021.10.04

ウォリアーズの開幕ロースター最後の枠はベテランのエイブリー・ブラッドリーが獲得?

昨季ブラッドリーはヒートで開幕を迎えていた[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 NBAでは現在、各チームがプレシーズンゲーム、レギュラーシーズンに向けて準備を進めており、熾烈な競争も繰り広げられている。

 開幕ロースターには本契約15名、2ウェイ契約2名の計17名しか残ることができないため、ベテランや若手、中堅選手たちがアピールを続けているというのが現状だ。

 今季3シーズンぶりのプレーオフ進出を狙うゴールデンステイト・ウォリアーズは、ステフィン・カリードレイモンド・グリーン、3シーズンぶりの復帰を目指すクレイ・トンプソンといった強固な基盤に加え、アンドリュー・ウィギンズジェームズ・ワイズマンオットー・ポーターJr.アンドレ・イグダーラといった選手たちが契約下におり、開幕ロースターのスポットはほぼ埋まっている。

 その中で、最後の1枠をかけてエイブリー・ブラッドリーやゲイリー・ペイトン2世、ラングストン・ギャロウェイ、ジョーダン・ベル、マイケル・ムルダーが争っているのだが、『The Athletic』によるとベテランのブラッドリーが現状では一歩リードしているという。

 というのも、ペイトン2世は数週間前にふとももの付け根である鼡径ヘルニアの修復術を受けたことで出遅れており、復帰が近くなっているとはいえここから巻き返すことは厳しいようだ。

 ただ、ウォリアーズは2ウェイ契約選手がクリス・チオッザしかいないため、ムルダーがその枠に入って開幕ロースターへ残る可能性がある。

 190センチ81キロのブラッドリーは、NBAキャリア11シーズンという経験があり、相手選手へ執拗に付きまとうディフェンスが持ち味。通算8チーム目となるウォリアーズで今季開幕を迎えることができるのか、気になるところだ。

BASKETBALLKING VIDEO