2023.01.20

「NBAパリゲーム2023」が開催、ラビーンが30得点を残したブルズがピストンズを撃破

ゲームハイの30得点をマークしたラビーン[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 1月20日(現地時間19日、日付は以下同)。フランスのパリにあるアコー・アリーナで「NBAパリゲーム2023」が行われ、シカゴ・ブルズデトロイト・ピストンズが対決し、ブルズが一度もリードを譲らずに126-108で勝利した。

 2020年1月25日のミルウォーキー・バックス対シャーロット・ホーネッツ戦以来、約3年ぶりの開催となったこの試合では、会場に1万5885人もの観客が詰めかけた。

 また、アービン“マジック”ジョンソン(元ロサンゼルス・レイカーズ)や両チームでプレー経験のあるリチャード・ハミルトン、ベン・ウォーレス(いずれも元ピストンズほか)、ジョアキム・ノア(元ブルズほか)、フランス出身のトニー・パーカー(元サンアントニオ・スパーズほか)といったセレブリティたちも観戦。NBAコミッショナーのアダム・シルバーや今年のドラフトで全体1位指名が濃厚なビッグマン、ビクター・ウェンバンヤマもおり、ゲームの合間にも盛り上がりを見せていた。

NBAコミッショナー(左)とウェンバンヤマ(右)[写真]=Getty Images

 そしてこの試合で最も輝いたのは、フランス人の曽祖父を持つザック・ラビーン(ブルズ)。「ここの空気が僕にとっては良かったのかもね」と語った27歳のスコアラーは、ゲームハイの30得点に5リバウンド4アシストの活躍を見せた。

 さらにデマー・デローザンが26得点9リバウンド5アシスト2スティール、ニコラ・ブーチェビッチが16得点15リバウンド6アシスト、アヨ・ドスンムが13得点をマーク。

 一方のピストンズでは、ボーヤン・ボグダノビッチが25得点5リバウンド3アシスト、ハミドゥ・ディアロが17得点、サディック・ベイジェイデン・アイビーがそれぞれ16得点、ジェイレン・デューレンが11得点12リバウンド2ブロックを記録。

 両チームで唯一のフランス人としてこの試合に臨むも、フィールドゴール成功率15.4パーセント(2/13)で計4得点に終わったキリアン・ヘイズは「今夜勝利する側になれなくてちょっとイライラした」と悔やむも、ゲームハイの8アシストを残した。

キリアン・ヘイズの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO