2023.07.01

今夏最大の注目FAだったカイリー・アービングが3年約181億円でマブスとの再契約に合意

マブスとの再契約に合意と報じられたカイリー[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 7月1日(現地時間6月30日)。カイリー・アービングがダラス・マーベリックスと3年1億2600万ドル(約181億4400万円)の再契約に合意したと『ESPN』が報じた。

 今夏のフリーエージェント(FA)戦線で最もその去就が注目されていた31歳のスコアリングガードは、今年2月にブルックリン・ネッツからトレードで移籍したマブスで在籍2年目を迎えることとなる。

 マブスは昨シーズン途中にルカ・ドンチッチとカイリーというリーグ最高級のガードデュオを形成したものの、ウェスタン・カンファレンス11位の38勝44敗に終わり、4シーズンぶりにプレーオフ出場を逃していた。

 カイリーはマブス移籍後に20試合の出場で平均27.0得点5.0リバウンド6.0アシスト1.3スティールに加え、フィールドゴール成功率51.0パーセント、3ポイントシュート成功率39.2パーセント(平均2.9本成功)、フリースロー成功率94.7パーセントという高確率を残した。

 マブス在籍2年目を迎える今シーズンは、ドンチッチとともにプレーオフ進出を目指して戦っていくこととなる。なお、マブスはこの日のFA戦線初日でセス・カリーとの2年契約に合意と報じられている。

 これまでに2度マブスへ在籍した経験を持つカリーは、32歳のシューティングガード。昨シーズンはネッツで61試合に出場し、平均9.2得点1.6リバウンド1.6アシストに3ポイントシュート成功率40.5パーセント(平均1.5本成功)と、高精度なシュート力が強みで、2大スターとはいい組み合わせになるだろう。

BASKETBALLKING VIDEO