2023.11.15

ステフィン・カリーが右ひざ負傷し欠場…「捻挫の疑い」で復帰時期は未定

右ひざの痛みで今シーズン初の欠場となったカリー/写真は13日(現地時間12日)のもの[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、右ひざの痛みにより11月15日(現地時間14日、日付は以下同)のミネソタ・ティンバーウルブズ戦を欠場した。

 カリーは13日に行われたティンバーウルブズ戦の第4クォーター、ドライブ後に相手選手と接触し、転倒した際に右ひざを強打。現地メディアによると、このプレーで右ひざを捻挫したとみられ、これから検査を受けるとのこと。現時点で復帰時期は明かされていないという。

 NBA15シーズン目を迎えたカリーは、開幕から全11試合に出場し、1試合平均30.7得点、4.6リバウンド、3.9アシストを記録。シーズン開幕から8試合連続で4本以上の3ポイントシュート成功というNBA新記録も打ち立てたが、痛いアクシデントに見舞われた。

 一方で、ウォリアーズは開幕後6勝5敗と苦戦を強いられている。カリーとともに王朝を築いたドレイモンド・グリーンクレイ・トンプソン、2021-22シーズンの優勝に貢献したアンドリュー・ウィギンズ、そして今シーズンから加入したクリス・ポールと、スター選手を多く抱えているものの、今シーズンここまでカリー以外に20得点以上を記録した選手がいない。

 ウォリアーズは15日のティンバーウルブズ戦後、17日にはホームでオクラホマシティ・サンダーを迎え撃つ。カリーの早期復帰を願いつつも、カリー不在の間にオフェンス力強化の糸口をみつけることができるか。

BASKETBALLKING VIDEO