2023.11.30

【NBAカップ戦】得失点差による上位決定に選手も困惑「ちょっと変な感じではある」

得失点差によってグループステージ敗退となったミッチェル[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 11月29日(現地時間28日、日付は以下同)。NBAは「インシーズン・トーナメント」のグループステージ最終日として8試合が行われた。

 この日の試合結果によって、一発勝負のノックアウトトーナメントとなる準々決勝へと駒を進めるチームが決定。各カンファレンスのグループ首位通過あるいは2位以下のチームで最も成績が良いチームがワイルド カードとなって次のラウンドへ進むことになったのだが、勝敗とは別の要素がポイントとなった。

 グループステージを突破するためには、各グループの首位に入ること。そしてワイルド カードに入らなければならない。そこでもし同一チームが勝率で並んだ場合、タイブレイク方式で最終順位が決定する。同じグループ内のみであれば、グループ内における直接対決の戦績なのだが、別グループのチームが勝率で並んだ場合、得失点差がその決め手となる。

 この日ニューヨーク・ニックスはホームでシャーロット・ホーネッツに115-91で快勝。ミルウォーキー・バックスマイアミ・ヒートを下したことで首位通過ができなかったものの、ワイルド カードでグループステージを突破。

 イーストはワイルド カード争いで4チームが3勝1敗で並んだのだが、得失点差でニックス(+42)がトップとなったことでイースト4位に入った。ニックスのジョシュ・ハートは試合後にこう話していた。

「面白かった。本当は好きじゃないけどね。僕たちはフォーカスしていた。まずは勝つことにね。で、最後の数分間は変な感じだった。点数を気にしていくことになったんだから。なんだかちょっとゲームの整合性をいじっているみたいだ」

 その一方、29日のアトランタ・ホークス戦を128-105で制したクリーブランド・キャバリアーズは、3勝1敗で得失点差を+29としたものの、ニックスに及ばずグループステージ敗退。

「僕らは全員で得点しようとした。同時にゲームもリスペクトしていた」と切り出したドノバン・ミッチェルはこう話す。

「いつもとは違うものなんだ。特に相手がスターターを(ベンチへ)下げたから、バランスを保とうとした。最終的には勝つためにプレーしていたけどね」

「ベガスへ行くためにプレーしている。(一発勝負の)トーナメントに参戦するためにね。けどもちろん、ちょっと変な感じではあるね」

 12月5、6日の準々決勝は、上位チームのホームで開催されるのだが、8日の準決勝と10日の決勝はネバダ州ラスベガスのTモバイル・アリーナで行われる。

 このインシーズン・トーナメントNBAカップと賞金がかかっており、準々決勝以降は一発勝負となるのだが、グループステージのタイブレイク方式については、どこか不思議に感じた選手もいただけに、今後そのルールが変更になるかもしれない。

BASKETBALLKING VIDEO