2023.12.20

デイミアン・リラードが現役選手8人目の偉業…NBAキャリア通算2万得点を達成

通算2万得点の偉業を達成したバックスのデイミアン・リラード[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 12月20日(現地時間19日)、ミルウォーキー・バックスはホームのフィザーブ・フォーラムでサンアントニオ・スパーズと対戦。この試合で、バックスのデイミアン・リラードが新たな記録を樹立した。

 試合開始早々から得意の3ポイントを含めテンポ良く得点を重ねたリラードは、第1クォーター残り約8分、スティールから速攻に持ち込みリバースレイアップを決める。リラードは、この得点でNBA通算2万得点を達成。観客からは盛大な歓声と拍手で祝福されたが、その後も冷静な表情で試合を続けた。通算2万得点達成は、NBA史上51人目の快挙となる。

 現役選手で2万得点を挙げている選手はリラードの他に7人。昨シーズンに歴代最多得点を記録し現在も更新し続けているレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ/3万9282点)をはじめ、ケビン・デュラント(フェニックス・サンズ/2万7565点)、ジェームズ・ハーデン(ロサンゼルス・クリッパーズ/2万5053点)、ラッセル・ウェストブルック(クリッパーズ/2万4748点)、ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ/2万2385点)、デマー・デローザン(シカゴ・ブルズ/2万2262点)、クリス・ポール(ウォリアーズ/2万1951点)が名を連ねる。なお、バックスの盟友であるヤニス・アデトクンボは1万7065点でリラードの背中を追いかけている。(得点は全て12月19日の試合終了時点のもの)

 リラードは、2012年にドラフト1巡目6位指名でポートランド・トレイルブレイザーズに入団。ブレイザーズで11シーズン過ごした後、今シーズンからミルウォーキー・バックスでプレーしている。ルーキーイヤーではアンソニー・デイビスブラッドリー・ビールを抑えて満票で新人王を獲得し、これまでに7度オールスターに選出されている。今月14日にはNBA通算3ポイント成功数でカイル・コーバーを抜いて歴代5位に浮上した。

 今回、その輝かしい経歴に新たな金字塔を打ち立てたリラードは、今シーズンから新天地でヤニスと共に自身初となるNBA制覇を目指している。今月はヤニスも、14日のペイサーズ戦でチーム歴代最多得点、18日のロケッツ戦でチーム歴代最多リバウンドを記録。大記録尽くしの12月を過ごしたバックスの快進撃にますます期待が高まる。

デイミアン・リラードの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO