2024.07.09

ドイツ代表のW杯優勝メンバー、ダニエル・タイスがペリカンズへ移籍

クリッパーズから移籍したタイス[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 7月9日(現地時間8日、日付は以下同)。フリーエージェント(FA)のダニエル・タイスが、ニューオーリンズ・ペリカンズとの1年契約に合意したと『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が報じた。

 32歳のタイスは、NBAキャリア7年目を終えた203センチ111キロのセンター。昨シーズンはインディアナ・ペイサーズで1試合へ出場後、2023年11月16日にウェイブ(保有権放棄)され、同18日にロサンゼルス・クリッパーズと契約。

 クリッパーズでは59試合へ出場し、平均17.1分6.3得点4.1リバウンド1.0アシスト0.9ブロックにフィールドゴール成功率53.6パーセントをマーク。ドイツ代表で主力を務める男は、昨年の「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」で優勝を経験し、今月下旬にはパリオリンピックへ出場する。

 タイスが加わるペリカンズは、ザイオン・ウィリアムソンブランドン・イングラムCJ・マッカラムに加えて、アトランタ・ホークスとのトレードで即戦力コンボガードのデジャンテ・マレーを獲得。

 ただその一方で、ヨナス・バランチュナスがサイン&トレードでワシントン・ウィザーズ、ラリー・ナンスJr.コディ・ゼラーがマレーとのトレードでホークスへ移籍し、ビッグマン陣が入れ替わった。

 今シーズンのペリカンズは、今年のドラフト1巡目21位で指名した211センチのイブ・ミッシ、ベテランのタイスを中心にセンターを回していくことになりそうだ。

男子ドイツ代表の関連記事

BASKETBALLKING VIDEO