2017.12.13

パラリンアート表彰式が開催…選手会会長の竹内譲次、受賞作品に「色彩豊かで躍動感がある」

国内外のバスケ情報をお届け!

「SOMPO パラリンアートカップ2017」表彰式が12月13日、東京・有楽町朝日ホールで行われた。パラリンアートは一般社団法人 障がい者自立推進機構が「障がい者がアートで夢を叶える世界を作る」活動で、日本プロサッカー選手会、日本バスケットボール選手会が協力している。

 2017年は「サッカー」、「バスケットボール」、「サッカー・バスケットボール両方に関する全てのこと」の3つのテーマに絵画アート作品を募集。7月1日から約2カ月半で、758点の作品の応募があったという。審査にはスポーツ、お笑い、アート、音楽、ファッションなど各界の第一線で活躍する著名人も加わり、全応募作品の中から審査の上、選ばれた約70点の作品が表彰された。

 グランプリは、カミジョウミカさんの「みんなでなかよくサッカーしよう」が受賞。アクリルガッシュ、オイルパステルなどを使い描かれた作品は、パラリンアートを応援する香川真司(サッカー/ドルトムント)とコラボしたTシャツ「パラ-T」が発売されている。

 日本プロバスケットボール選手会賞には、松永大樹さんの「バスケット選手」が選出。シーズン中のため表彰式を欠席となった日本バスケットボール選手会会長の竹内譲次アルバルク東京)はビデオで「色彩豊かで躍動感のある作品」と選考の理由を明かし受賞者にメッセージを送った。

 受賞作品は12月13日から同17日の5日間、有楽町朝日ホールで展示される他、12月23日から同25日には損保ジャパン日本興亜新宿本社ビル1階フロアでも展示会を同時開催。日本経済新聞 東京本社/スペースニオ アートギャラリーでも2018年1月11日から2月9日まで展示予定となっている。

 なお、「SOMPO パラリンアートカップ2017」公式サイトでも受賞作品も見ることができる。