2018.05.13

琉球ゴールデンキングスが逆転でベスト4へ、第3戦に持ちこみ名古屋ダイヤモンドドルフィンズを退ける

ハッサン・マーティンは第2戦で12得点8リバウンドを記録[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 5月13日、各地で「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2017-18」クォーターファイナルの第2戦が行われ、沖縄市体育館では琉球ゴールデンキングス名古屋ダイヤモンドドルフィンズと対戦した。

 前日の第1戦を落としたホームの琉球。第2戦は開始から点の取り合いとなったが、17-17で迎えた残り4秒、石崎巧が3ポイントを沈め、第1クォーターを3点リードで終えた。

 守り合いのロースコアゲームとなった第2クォーターは、計9得点と失速。すると、残り30秒に逆転の3ポイントを浴びるなど14得点を献上し、29-31でハーフタイムを迎えた。

 第3クォーター開始早々、古川孝敏の連続得点でリードしたが、その後は再び追いかける展開に。残り1分3秒に須田侑太郎の得点で1点差に詰め寄ったが、終了間際、安藤周人に同クォーター3本目の3ポイントを決められ4点ビハインドで最後の10分間へ。

 後がなくなった最終クォーターも終始拮抗した好ゲームとなったが、1点ビハインドで迎えた試合終了残り1分25秒に岸本隆一の長距離が決まると、ヒルトン・アームストロングも続いて4点差とし、最終スコア66-62で第3戦へ望みをつないだ。

2戦合計6得点にとどまった名古屋Dの笹山貴哉[写真]=B.LEAGUE

 第3戦は、前半の5分間を終えて2-5と得点が伸び悩む。しかし、試合終了残り3分3秒から古川のフリースロー、石崎の3ポイントで試合をひっくり返すと、古川が計8得点の活躍でチームを勝利へ導き、17-12で試合終了。ホームの琉球が逆転でセミファイナルへと駒を進めた。

【GAME2 試合結果】
琉球ゴールデンキングス 66-62 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(@沖縄市体育館)
琉  球|20|9|17|20|=66
名古屋D|17|14|19|12|=62

【GAME3 試合結果】
琉球ゴールデンキングス 17-12 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(@沖縄市体育館)
琉  球|2|15|=17
名古屋D|5|7|=12

この試合の他の記事