2018.07.31

茨城ロボッツ、23歳の須田昂太郎が新加入…今季のロースター確定

昨季は特別指定選手として栃木に在籍 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 茨城ロボッツは7月31日、須田昂太郎との選手契約が合意し、2018-19シーズンのロースターが確定したと発表した。

 北海道出身で現在23歳の須田は、184センチ79キロのシューティングガード兼スモールフォワード。東海大学第四高校(現東海大学付属札幌高校)から白鴎大学へ進学し、4年次にはキャプテンを務めた。昨季途中の2018年2月に栃木ブレックスと特別指定選手契約を結び、3試合の出場で8得点を記録。シーズン終了後、契約満了に伴いBリーグの自由交渉選手リストへ公示されていた。

 茨城入団が決まった須田は、クラブ公式HPにて「素晴らしいチームの一員になれたことを嬉しく思います。B2優勝、B1昇格に貢献できるよう、ルーキーらしくアグレッシブにプレーをしていきたいと思います」と言及。また、栃木の公式HPをとおして「短い期間ではありましたがブレックスファンのみなさんの支えがあり、素晴らしい経験をすることができました。これからも成長した姿をファンのみなさんに見せていけるように努力し続けていきたいと思います。本当にありがとうございました」とコメントした。

 なお須田の他、ジョシュ・デービス福澤晃平友利健哉ジャーラ志多斗髙橋祐二久保田遼コナー・ラマート平尾充庸眞庭城聖カール・バプティスト横尾達泰の計12人がロースターに名を連ねている。