2024.06.14

今村佳太、双方合意の契約解除で琉球ゴールデンキングス退団…海外挑戦を含めた新たなチャレンジへ

複数年契約を解除し、琉球から退団することが発表された今村佳太 [写真]=B.LEAGUE
バスケ情報専門サイト

 B1リーグの琉球ゴールデンキングスは6月14日、今村佳太との選手契約を双方合意の上で解除することを発表した。2023-24シーズンから2025-26シーズンまでの3年契約を結んでいた。

 新潟県出身で現在28歳の今村は、191センチ92キロのシューティングガード兼スモールフォワード。県立長岡工業高校から新潟経営大学へと進学し、2017-18シーズンに地元クラブの新潟アルビレックスBBBリーグデビューを果たすと、2020-21シーズンに琉球へ移籍した。

 加入4年目となった2023-24シーズンは、日本代表にも名を連ねながら、リーグ戦58試合(うち先発50試合)に出場し、1試合平均28分10秒のプレータイムで、13.4得点3.5リバウンド3.1アシスト3ポイント成功率32.2パーセントをマーク。得点とリバウンドはキャリアハイを記録し、3年連続ファイナル進出の原動力となった。

 クラブは公式HPで「今村選手本人から、『海外挑戦を含めた新たなチャレンジをしたい』という意向を伺うなど、今後について会話を重ねてまいりました。これからもキングスを牽引していく選手として慰留を願う一方で、本人のチャレンジへの強い意向を尊重し、またキングスから世界に通ずる選手を輩出していきたいという想いもあり、双方合意の上、契約を解除し退団する運びとなりました」と説明した。

 また、今村は感謝の思いと今後についてコメントした。

「まず初めに琉球ゴールデンキングス、沖縄アリーナに関わる全ての方々、そしてファンの皆さん、4年間本当にありがとうございました。自分の中での葛藤の末、僕の挑戦したい気持ちを受け入れてくださった球団に本当に感謝しています。この素晴らしいクラブの一員として戦えた4年間は僕にとって最高の財産であり、本当に幸せな日々でした。地元新潟を離れ、当時なんの関わりもなかった沖縄に来ることに若干の不安と大きな期待をして入団をしました。キングスが築き上げてきた素晴らしいカルチャーと、熱いファンの方々に、沖縄アリーナという最高の環境が揃い、Bリーグ優勝という素晴らしい経験をさせてもらいました。『琉球ゴールデンキングスともっと一緒にいろんな景色を見たい。』と思うと同時に、『このチームを倒してみたい。』と思うようになり、その葛藤の中でもがきました。自分自身がさらに成長し壁を越えるにはこの決断しかないと思い今回の経緯となりました。これでお別れとは思っていません。これからの人生において、沖縄は僕にとっても家族にとっても大切な場所であり、大好きな場所です。今度は目をギラつかせながら皆さんと会える日を楽しみにしています。本当にありがとう。かなさんどー!!!」

今村 佳太の関連記事

琉球ゴールデンキングスの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO