2020.01.06

滋賀レイクスターズがレバンガ北海道を連破、相手の猛追を振りきり8点差勝利

ジェフ・エアーズは14得点20リバウンドの活躍(左)[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 1月5日、各地でB1リーグ第16節第2戦が行われ、ウカルちゃんアリーナでは滋賀レイクスターズレバンガ北海道を迎え撃った。

 最初の10分間は相手を13得点に抑えると、狩野祐介の2本の3ポイントなどで計21得点を記録。第2クォーターは内外バランス良く得点を重ね、45-32でハーフタイムを迎えた。

 第3クォーターに入ると、ヘンリー・ウォーカーがこの10分間で11得点をマークして計27得点。18点リードで第4クォーターに入ったが、同クォーターは相手の反撃に遭い、試合終了残り2分15秒時点で81-72とされる。それでも、齋藤拓実の3ポイント、ジェフ・エアーズのフリースローで逃げきり、最終スコア88-80で試合終了。滋賀がホーム2連勝を飾った。

【試合結果】
滋賀レイクスターズ 88-80 レバンガ北海道(@ウカルちゃんアリーナ)
滋賀 |21|24|27|16|=88
北海道|13|19|22|26|=80