2020.04.30

大阪エヴェッサが今野翔太との契約満了を発表…通算12季在籍のチームに別れ

大阪で通算12シーズンを過ごした今野[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 大阪エヴェッサは30日、今野翔太との契約満了を発表した。

 35歳の今野は、182センチ82キロのシューティングガード兼スモールフォワードで、大阪学院大学卒業後の2007年に大阪へ加入。2013-14シーズンは信州ブレイブウォリアーズへ移籍するも、翌年大阪へ復帰した。在籍12年目の今シーズンは、35試合の出場で94得点(平均2.7得点)、29アシスト(同0.8アシスト)を記録していた。

 同選手はクラブ公式HPで、「大阪エヴェッサのブースターの皆さん。地元である大阪で12シーズンもプレーさせてもらい、本当に長い間、今野翔太を応援していただきありがとうございました。ここではお伝えすることが出来ないくらい12年の間に色んな経験をしてきましたが、常に全力でプレーをして自分を創り上げてこれました。これも全て大阪エヴェッサのブースターさんの声援があったからこそです。

 ここで培ったことを地元大阪に全力で発揮したい想いはあったので球団を去るのは残念な気持ちですが、新たなチームで求められることを全力でプレーして今まで以上に活躍します。これからも応援よろしくお願い致します!また会いましょう!」とコメントしている。

 なお、大阪は長谷川智也畠山俊樹小阪彰久との契約満了、田原隆徳との期限付き移籍期間満了をすでに発表している。