2020.10.16

今節から強豪との戦いが続く横浜ビー・コルセアーズ、大黒柱のベクトンはファウルトラブルに注意したい

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

横浜ビー・コルセアーズ vs アルバルク東京(@横浜国際プール)

第1戦:10月17日15時5分 第2戦:10月18日14時5分

 横浜ビー・コルセアーズは開幕節に続き、前節の滋賀レイクスターズ戦も1勝1敗で乗り切った。1戦目はアキ・チェンバースが3ポイント5本を含む23得点でチームを引っ張り、レジナルド・ベクトンのファウルトラブルは小原翼がカバー。中盤の2つのクォーターではディフェンスも効き、カイル・ミリングヘッドコーチは自身の初陣を見事に白星で飾った。しかし2戦目は、ディフェンスは引き続き一定の成果を挙げたものの、オフェンスが沈黙。ベクトンが2試合連続でファウルアウトとなったことも響き、わずか63得点での敗戦となった。

 横浜と同様に開幕節で1勝1敗だったアルバルク東京。前節は昇格組の広島ドラゴンフライズと相まみえ、2戦ともやや苦しんだ部分がありながらも勝ち切った。勝利の立役者は、インサイドでオフェンスの起点となったケビン・ジョーンズ。2戦計44得点と、合流して早速チームに貢献したところはさすがだ。また、田中大貴も2戦目で20得点7アシスト。開幕節2戦目を欠場した故障の影響はなさそうだ。

 B1は今節から9日間または10日間で5試合というタフな日程に入る。横浜はホーム開幕となる今節のA東京戦を皮切りに、次節が千葉ジェッツ、アウェイの次々節が現時点で東地区首位の秋田ノーザンハピネッツと厳しい相手が待ち構えている。精神的な強さが問われるという点で、特にベクトンは前節のファウルトラブルに臆することなく、誰よりも体を張らなければならない。

文=吉川哲彦

■ロスター
・横浜(ヘッドコーチ:カイル・ミリング)
パトリック・アウダ
ケドリック・ストックマン・ジュニア ※特別指定
ロバート・カーター
レジナルド・ベクトン
森川正明
アキ・チェンバース
森井健太
秋山皓太
竹田謙
須藤昂矢
エドワード・モリス
生原秀将
小原翼

・A東京(ヘッドコーチ:ルカ・パヴィチェヴィッチ)
小島元基
安藤誓哉
ケビン・ジョーンズ
ザック・バランスキー
須田侑太郎
菊地祥平
竹内譲次
平岩玄
田中大貴
津山尚大
カイル・バローン
アレックス・カーク
小酒部泰暉 ※特別指定

この試合の他の記事