2020.10.16

ともに1勝3敗で迎える新潟アルビレックスBBと滋賀レイクスターズ、新潟は地元出身選手の奮起に期待

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

新潟アルビレックスBB vs 滋賀レイクスターズ(@新潟市東総合スポーツセンター)

 第1戦:10月17日18時5分 第2戦:10月18日17時5分

 開幕節2戦目で福田将吾HC体制初勝利を挙げた新潟アルビレックスBBだが、前節は琉球ゴールデンキングスの地力に屈して連敗となった。1戦目は急きょ契約したマーク・セントフォートが攻守にハッスルし、柏倉哲平もアグレッシブなプレーを披露して前半はリードしたものの、第3クォーターに琉球がたたみかけると意気消沈。2戦目は40分フル出場したロスコ・アレンの35得点で食らいついたが、試合巧者の琉球に巧みにかわされた。

 対する滋賀レイクスターズは、横浜ビー・コルセアーズと対戦した前節2戦目で今季初勝利。1戦目は第2クォーターに9得点、第3クォーターに13得点と失速し、第4クォーターの追い上げも及ばず開幕3連敗となったが、2戦目は第2クォーター途中に最大20点まで開いた点差をひっくり返しての白星。開幕から安定した活躍を見せるウィル・クリークモアと、前節からチームに合流したアンガス・ブラントがインサイドを死守したほか、狩俣昌也を筆頭に日本人選手もここぞという場面で貴重なシュートを決めてみせた。

 現在1勝3敗の両者は、昨季から大幅に選手が入れ替わって再構築に臨むチーム同士の対戦でもあるが、新加入の日本人選手を比較すると、現時点では晴山ケビン村上駿斗が躍動している滋賀に軍配が上がる。新潟は柏倉の他に林翔太郎納見悠仁も一定の役割を果たしているが、地元出身の星野曹樹大矢孝太朗の出場時間が伸びておらず、2人の奮起が求められる。

 文=吉川哲彦

■ロスター
・新潟(ヘッドコーチ:福田将吾)
マーク・セントフォート
星野曹樹
大矢孝太朗
リチャード・ヘンドリックス
五十嵐圭
柏倉哲平
石井峻平
納見悠仁
佐藤公威
ロスコ・アレン
池田雄一
林翔太郎

・滋賀(ヘッドコーチ:ショーン・デニス)
ジョナサン・オクテウス
村上駿斗
狩俣昌也
ジョーダン・ハミルトン
晴山ケビン
今川友哲
アンガス・ブラント
谷口光貴
伊藤大司
頓宮裕人
前田怜緒

この試合の他の記事