2020.11.13

連勝を狙う横浜ビー・コルセアーズは森川正明がキーマン、古巣相手に存在感を示したい

元バスケットボールキング編集部。主に国内バスケ(Bリーグ、高校・大学バスケ)を中心に取材活動中。バスケでオウンゴールしたことあります。

横浜ビー・コルセアーズ vs シーホース三河(@横浜国際プール)

第1戦:11月14日15時5分 第2戦:11月15日14時5分

 前節、横浜ビー・コルセアーズレバンガ北海道とのオーバータイムまでもつれた熱戦を制し、10試合ぶりの白星を獲得した。試合は前後半で対照的とも言える内容となり、横浜は28−45でハーフタイムへ。しかし、第3クォーターはロバート・カーターの10得点2ブロックなどで6点差まで詰め寄ると、第4クォーター中盤に逆転に成功。そこから追いつかれ、延長戦でも先手を取られたが、カーターが5分間で12得点の大活躍を見せて4点差で勝利を収めた。カーターはこの試合で37得点を叩き出したほか、チーム全体でオフェンスリバウンドをもぎ取り、ペイントエリアから52得点を積み上げたことが勝ちにつながった。今節も横浜国際プールでのホームゲームとなり、森川正明は初の古巣との対戦。昨季まで4年間在籍した三河に恩返しのプレーを見せられるか注目だ。

 対するシーホース三河は、ホームで島根スサノオマジックを退けて連敗阻止といたいところだったが、結果はまさかの101失点。第3クォーターに10−33と崩れて19点差で敗れた。長野誠史高橋耕陽が2ケタ得点を挙げたものの、金丸晃輔は3ポイントシュート4本中0本の8得点と4試合連続で得点は1ケタ。リバウンド総数でも計27本に対し、島根に42本奪われてしまった。エースの不調が続くだけに、インサイド陣が泥臭くリバウンドに絡み相手の攻撃回数を減らしたいところ。中でも、前節1リバウンドに終わったシェーファーアヴィ幸樹に期待したい。

文=小沼克年

■ロスター

・横浜(ヘッドコーチ:カイル・ミリング)

パトリック・アウダ

ケドリック・ストックマン・ジュニア ※特別指定

ロバート・カーター

レジナルド・ベクトン

森川正明

アキ・チェンバース

森井健太

秋山皓太

竹田謙

須藤昂矢

エドワード・モリス

生原秀将

小原翼

・三河(ヘッドコーチ:鈴木貴美一)

川村卓也

柏木真介

カイル・コリンズワース

長野誠史

高橋耕陽

熊谷航

金丸晃輔

根來新之助

シェーン・ウィティングトン

加藤寿一

シェーファーアヴィ幸樹

ダバンテ・ガードナー

この試合の他の記事

BASKETBALLKING VIDEO