2021.05.01

宇都宮が敵地で秋田に勝利し連敗ストップ…比江島が17得点4アシスト

17得点4アシストをマークした比江島(写真は4月17日のもの)[写真]=B.LEAGUE
バスケ情報専門サイト

 5月1日、B1リーグ第36節が行われ、宇都宮ブレックス秋田ノーザンハピネッツと対戦した。

 試合開始直後から比江島慎の3ポイントシュート、ライアン・ロシターのジャンパーと次々と得点を重ねた宇都宮。そのまま主導権を握り第1クォーターは20-16の4点リードで終える。

 続く第2クォーター、秋田のハビエル・カーターアレックス・デイビスの連続得点などで一時は逆転を許した宇都宮だったが、途中交代のLJ・ピークやロシター、ジェフ・ギブスらが得点を重ね、中盤に再逆転。その後はリードを広げ、49-37で前半を折り返した。

 後半に入っても流れは変わらず、宇都宮がリードを保ったまま試合が進む。第4クォーターでも攻撃の手を緩めなかった宇都宮は、テーブス海、比江島らで加点し、86-69で白星を飾った。

 勝った宇都宮は比江島が17得点4アシスト、ロシターが15得点8アシスト、ピークが13得点を記録。対する秋田はデイビスとカーターが12得点、大浦颯太細谷将司らが11得点をマークしたものの、勝利をつかむことはできなかった。

■試合結果
秋田ノーザンハピネッツ 63-82 宇都宮ブレックス(@CNAアリーナ☆あきた)
秋 田|16|21|15|11|=63
宇都宮|20|29|18|15|=82

この試合の他の記事

宇都宮ブレックスの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO