2022.11.22

マイケル・パーカーがB1史上初の通算500スティールを達成「自分でも驚いています」

史上初のB1通算500スティールを達成したパーカー[写真]=B.LEAGUE
バスケ情報専門サイト

 群馬クレインサンダーズに所属するマイケル・パーカーが、19日の新潟アルビレックスBB戦でB1リーグ史上初となる通算500スティールを達成した。

 この試合でスターティング5を務めたパーカーは、第1クォーターだけで3つのスティールを記録すると、第2・3クォーターにもマーク。計5スティールを挙げて史上初の記録を達成するとともに、9得点9リバウンド4アシストをマークし、チームの勝利に貢献した。

 同選手は試合後コメントを発表。「B2でプレーしていたときの記録がカウントされないにもかかわらず、このように素晴らしい偉業を達成することができたことについて、自分でも驚いています」と語った。

 現在40歳の同選手は200センチ102キロのパワーフォワードで、トヨタ自動車アルバルク東京千葉ジェッツなどを経て2020年に群馬へ入団。今シーズンは11試合に出場し、平均12.7得点8.5リバウンド2.2スティールを記録している。

マイケル・パーカーの関連記事

群馬クレインサンダーズの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO