2023.03.05

琉球がEASLで富邦ブレーブスに勝利…桶谷HC「後半は自分たちのバスケットができた」

得失点差の条件がプレッシャーだったと話した桶谷HC[写真]=EASL
バスケ情報専門サイト

 3月4日、「EASL Champions Week(東アジアスーパーリーグ チャンピオンウィーク)」が開催され、琉球ゴールデンキングスはホームの沖縄アリーナで富邦ブレーブス(チャイニーズ・タイペイ)と対戦した。

 琉球は岸本隆一今村佳太牧隼利らの3ポイントシュートやジャック・クーリージョシュ・ダンカン、さらには新加入のカール・タマヨも沖縄アリーナで初得点を挙げるなど活躍し、83-78で接戦をものにした。予選リーグを2連勝で終えた琉球は、安養KGC(韓国)と2勝0敗で並ぶも、得失点差によりグループ2位となり、3位決定戦にまわることになった。

 試合後、桶谷大ヘッドコーチは「台湾の強豪チームに勝てたことは素晴らしいと思います」としたが、「ただファイナルに行けなかったことは率直に悔しい」と話した。

 また「(得失点差の)条件があり、日ごろないプレッシャーがあったのかも」と話し、「前半は、考えすぎてしまったところがあったかと思います」と一進一退の攻防のまま、同点で折り返した前半部分を振り返ったりした。

 ただ後半については、「後半は切り替えて、点数よりも自分たちのバスケットができたことが今日は良かったと思います」と、最後は勝利できたことを喜んだ。

 なお琉球は、本日5日に沖縄アリーナでベイエリアドラゴンズ(香港)と3位決定戦を戦う。

琉球ゴールデンキングスの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO