2023.06.09

B2降格の新潟が木村圭吾の退団を発表「もっと良い選手になれるよう頑張ります」

新潟を退団することが発表された木村 [写真]=B.LEAGUE
バスケ情報専門サイト

 新潟アルビレックスBBは6月9日、木村圭吾が退団することを発表した。2023-24シーズンの所属クラブは、移籍先より後日発表される。

 東京都出身で現在22歳の木村は、188センチ82キロのシューティングガード。八王子学園八王子高校からスラムダンク奨学金を活用して渡米し、アメリカのセントトーマスモアプレップスクール、セントジョセフ大学へと進学。2021-22シーズンから新潟でプレーしていた。

 プロキャリア2年目となった2022-23シーズンは、先発26試合を含む57試合に出場し、1試合平均5.5得点2.4リバウンド2.6アシストを記録。さらなる飛躍が期待される新シーズンは、B2降格が決まった新潟を離れ、新天地へと移籍することが決まった。

 今回の発表に際して、木村は次のようにコメントした。

「この2シーズンとても厳しいシーズンとなりましたが、サポートしてくださった、ブースター、スポンサーの皆様、チームに携わってくれた方々には本当に感謝しています。プロとしてのキャリアを新潟でスタートできて良かったです。新潟で学んだ事を活かして、これからもっと良い選手になれるよう頑張ります。2年間本当にありがとうございました」

木村 圭吾の関連記事

新潟アルビレックスBBの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO