2023.06.20

佐賀のB2優勝に貢献したファイ・パプ月瑠、新天地は自身2度目の新潟に決定

新潟への移籍が発表されたファイ・パプ月瑠 [写真]=B.LEAGUE
バスケ情報専門サイト

 新潟アルビレックスBBは6月20日、ファイ・パプ月瑠との2023-24シーズン選手契約が合意したことを発表した。

 セネガル出身で現在35歳の同選手は、200センチ101キロのセンター兼パワーフォワード。2011年に横浜ビー・コルセアーズへ入団すると、その後は数々のチームを渡り歩き、2021年からは佐賀バルーナーズで活躍していた。2015年には日本国籍を取得し、その翌年日本代表を経験。2022-23シーズンはプレーオフも含め63試合に出場し、レギュラーシーズン1試合平均2.4得点3.3リバウンド0.6アシストを記録。新シーズンからは2015-16シーズン以来2度目となる新潟でプレーすることが決定した。

 契約に際し同選手はクラブを通して以下のようにコメントを発表した。

「みなさんこんにちは。ファイ・パプ月瑠です。再度プレーする機会をくれた社長、GM、チーム関係者のみなさんありがとうございます!!新潟アルビレックスBBの熱いブースターとまた一緒にプレーできることが本当にうれしいですし、楽しみにしています!オレンジのユニフォームで毎試合ハッスルしたいと思います。新潟アルビレックスBBに熱い、熱い声援をよろしくお願いします!!」

ファイ・パプ月瑠の関連記事

新潟アルビレックスBBの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO