2023.10.19

琉球HC「沖縄の皆さんと勝ち取った1勝」残り24秒で逆転しEASL初戦制す

試合後インタビューに応じた桶谷HC[写真提供]=EASL
バスケ情報専門サイト

 10月18日、東アジアスーパーリーグEASL)の2023-24シーズン予選リーグ戦が開催。琉球ゴールデンキングスは初戦を迎え、ソウルSKナイツ(韓国)と沖縄アリーナで対戦した。

 琉球は試合の立ち上がりこそ主導権を握っていたが、前半を終えて39-40と1点ビハインドで追う展開に。後半も拮抗した展開は続き、試合時間残り24秒、2点ビハインドの場面でヴィック・ローがレイアップに成功。同点に追いつくと、最後は再びローがファウルを獲得し、フリースローで決勝点を挙げた。80-79、最後は薄氷の逆転勝利だった。

逆転勝利を演出したヴィック・ロー[写真提供]=EASL

 試合後のインタビューに応じた桶谷大ヘッドコーチは、「ジャミール・マーカス・ウォーニー選手(39得点10リバウンド2ブロック)をどれだけ抑えられるかという部分が肝になると最初から話していました。でも、Bリーグのときのように、ちょっとヘルプに行くような感覚では簡単にアウトサイドシュートを打たれてしまい、難しい展開になってしまったと思います」と前半を振り返った。

 それでも、最終的には1点差で大接戦をものにした琉球。その要因については「自分たちがいま一番良いと思うプレーをしっかり遂行できたこと」と明かした。また、試合残り1秒で再三脅威となっていたウォーニーにシュートを放たれた場面については「最後決められてしまってもおかしくなかったんですけど、沖縄アリーナの皆さんのおかげじゃないかなと思います。沖縄の皆さんと勝ち取った1勝だと思います」と、ホームの熱狂が勝利を呼び寄せたと語り、ファンに感謝を述べた。

 第2クォーターのディフェンス面で苦戦したと繰り返す桶谷HC。「Bリーグの戦い方と他の国のバスケットは全然違うなということが率直な印象です。Bリーグのバスケットよりもオーガナイズされていてスカウティングがしやすいという点もありますが、想定外の対応をされてどのくらいヘルプに寄れば良いのかわからないという感覚の違いもありました」とEASLならではの苦悩を抱えていたようだ。

 Bリーグのレギュラーシーズンと両立しての国際大会。「正直Bリーグに生かせるかどうかはわかりません」としながらも、前半の課題をクリアして勝利したことを踏まえ、「僕たちのやっているバスケットは、やられてしまった部分を試合のなかでカバーするスタイルです。その点は変わらないと思います」と話した。

 EASL初戦を制した琉球は今後、横浜ビー・コルセアーズとのアウェー2連戦を経て、25日からホーム・沖縄アリーナで川崎ブレイブサンダース富山グラウジーズと対戦。EASLの予選リーグ第2戦は11月1日19時から、敵地でソウルSKナイツと対戦する。

BASKETBALLKING VIDEO