2023.02.18

マインドセットで責任感が芽生えた西田優大「しっかりと自分の役割をまっとうしたい」

オンライン会見を行ったシーホース三河の西田[写真提供]=日本バスケットボール協会
バスケ情報専門サイト

 2月17日、「FIBAバスケットボールワールドカップ2023 アジア地区予選」Window6に向けた男子日本代表の直前合宿に加している西田優大シーホース三河)がオンライン会見を行った。

 トム・ホーバスヘッドコーチのもと、主力として結果を出してきた西田が、A代表合宿でもしっかりとその存在感を見せている。

「この合宿では、まずしっかりメンバーに残ることが目標です。その中で僕や富樫勇樹千葉ジェッツ)選手、河村勇輝横浜ビー・コルセアーズ)選手をはじめ、長い間トム(・ホーバスヘッドコーチ)さんと一緒にバスケをしてきたメンバーも多いし、新しく入ってきたメンバーもいるので、しっかりチームを引っ張る気持ちでいます」
 
 ホーバス体制となって、アジア地区予選ではエヴァンスルークファイティングイーグルス名古屋)と並んで最多となる8試合に出場している西田は、「(ワールドカップに)近づいている雰囲気は、少しずつ出てきていると感じます」とチームの変化を語ったが、「まだ新しいメンバーも招集されているので、これまで招集されてきたメンバーとのギャップはまだ少しあります。そこをできるだけ、僕ら(多く招集されてきた選手)が早く解消してあげられるようにと思います」と話し、代表合宿の常連としてのリーダーシップも見せる。

 今シーズンは代表に入りながらリーグでも活躍しているが、「チームの中ではマインドの部分が少し変わったなと思っていて、昨シーズンより責任や資格が芽生えてきているんじゃないかと感じています。そういう気持ちを前面に出しながらも、ちゃんとスタッツも残していきたいという思いで試合に臨んでいます」と話す。

 それは代表メンバーの中でも同じで、「代表にも毎回呼んでいただいていますし、周りを引っ張っていくような立ち位置にいるのではないかと思います」と、自身のマインド強化を明かした。ホーバスHCになってから、トップスコアラーとしての地位を確立しつつあるが、「そこまで僕自身は感じていません」とし、「メンバーが固定されてきているとも思わないですし、前回のWindow5は怪我でメンバーに入れなかった分、僕自身は少し焦りというのもあったりします。しっかり役割を全うするというのが、僕の取り組み方でもあるので、自分の役割をまずはしっかり今回のWindow6でもやりたいです」と意外な反応を見せた。

同じ大濠高校出身の最年少メンバー川島悠翔についても応援していると語る[写真提供]=日本バスケットボール協会


 また今回初招集された合宿メンバー最年少の川島悠翔(福岡大学附属大濠高校)は、高校の後輩にあたる。「いろいろと楽しみな選手が入ってきたなと思います。このままメンバーに残るような気持ちで頑張ってほしいです」とエールを送った。

 高崎アリーナで23日にイラン代表、26日にバーレーン代表と対戦するが、西田は「イランには前回のWindow5で負けています。次のバーレーンには勝ちましたが、僕はその時のメンバーに入っていないので、しっかり2勝することを目標に頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

西田 優大の関連記事

シーホース三河の関連記事

BASKETBALLKING VIDEO