2023.08.28

『SLAM DUNK』作者の井上雄彦氏、日本代表の劇的勝利に「バスケを好きでよかったですよね皆さん」

タッチを交わす渡邊雄太(左)と富永啓生(右) [写真]=fiba.basketball
国内外のバスケ情報をお届け!

 8月27日に沖縄アリーナで「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」の1次ラウンドが行われ、グループEでは男子日本代表(FIBAランキング36位)がフィンランド代表(同24位)と対戦。最大18点差をひっくり返し、98-88で逆転勝利を飾った。

 ファンやブースターだけではなく、著名人も日本の金星に沸いた。『SLAM DUNK』作者の井上雄彦氏もその1人だ。試合開始前の20時28分、自身の公式X(旧Twitter)アカウントを更新。“JPN BASKETBALL”の文字と日の丸が記されたTシャツの写真を、「#念」、「#akatsukijapan」のハッシュタグとともに「21時10分からフィンランド戦 日本のシュートが全部入りますように」と投稿した。

 そして試合終了後の23時49分、「#YEEEEESSSSSS」、「#Respect」のハッシュタグとあわせて「バスケを好きでよかったですよね皆さん!」とコメント。日の丸と炎の絵文字を用いたつぶやきには28日17時時点で15000以上のリポストが記録され、スラムダンク奨学金を設立するなど、日本バスケットボール界に貢献する井上氏へ感謝の言葉が寄せられた。

BASKETBALLKING VIDEO