2018.11.05

デビン・ブッカーが決勝弾をヒット! サンズがグリズリーズに勝利し連敗を7でストップ

ゲームハイの25得点を奪う活躍で、チームに今季2勝目をもたらしたブッカー[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

5ファウルでプレーし続けた第4Qに14得点を奪ったブッカー

 11月5日(現地時間4日)、フェニックス・サンズはホームのトーキング・スティック・リゾート・アリーナで、メンフィス・グリズリーズと対決した。

 ダラス・マーベリックスとの開幕戦に勝利後、7連敗を喫していたサンズは、ウエスタン・カンファレンス最下位に沈む中、今季ここまで5勝2敗と好調なグリズリーズとの試合に挑んだ。

 第1クォーターはグリズリーズ(28-21)、第2クォーターをサンズ(31-28)が得点面でリードし、56-52とグリズリーズの4点リードで試合を折り返すと、第3クォーターは互いに25得点ずつを挙げて最終クォーターへ。

 グリズリーズは第4クォーター開始早々に8連続得点を奪い、89-77と12点のリードを奪うと、サンズはエースのデビン・ブッカーと新人ミケル・ブリッジズを中心に追い上げていった。

アリーザは両チームトップの9リバウンドに16得点5アシストを記録した[写真]=Getty Images

 残り3分10秒、サンズはディアンドレ・エイトンのフリースロー2本でサンズが同点(95-95)に追いつく。するとグリズリーズはシェルビン・マックの長距離砲で突き放すも、サンズはお返しとばかりにブリッジズが3ポイントを決めて食らい付く。

 残り29.8秒。サンズはブッカーがプルアップジャンパーを決めてようやくリードするも、その直後にマイク・コンリーがショットを沈めてゲームは再び同点に。

 しかしこの日はブッカーが勝負強さを発揮。残り1.7秒に左エルボー付近から値千金のプルアップジャンパーを突き刺し、最終スコア102-100でサンズが制して今季2勝目を挙げた。

 サンズではブッカーがゲームハイの25得点に7アシスト、トレバー・アリーザが16得点9リバウンド5アシスト2スティール、5投中4本の長距離砲を決めたブリッジズが14得点2スティール、アイザイア・キャナンが13得点、エイトンが9得点8リバウンド6アシスト3スティール2ブロックをマーク。

 試合後に『AP』へ「僕らはこの試合に勝てるかどうか、とてもストレスを感じていた。この勝利で新たな展開が生まれてくれるといいね」と語ったブッカーは、5ファウルの中で第4クォーターにフル出場。最後の12分間に14得点をたたき出し、勝利の立て役者に。

 敗れたグリズリーズでは、マックが21得点4アシスト4スティール、ディロン・ブルックスが17得点、コンリーが12得点5アシスト、マーション・ブルックスが11得点3スティール、カイル・アンダーソンが10得点5リバウンドを挙げたものの、連勝は3でストップした。