2020.02.15

RJ・バレットは新人王獲得に向けて自信あり「自分を信じることをやめたりはしない」

ニックスでスターターとして奮戦しているバレット[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

ライジングスターズではゲームハイの27得点をマーク

 2月15日(現地時間14日、日付は以下同)。NBAはオールスターウィークエンドを迎え、ユナイテッド・センター(イリノイ州シカゴ)ではライジングスターズチャレンジが行われた。

 キャリア1、2年目の選手たちがチームUSA(アメリカ出身選手)とチームWORLD(外国籍出身選手)に分かれて競い合うこのエキシビジョンゲーム。今年はチームUSAが151-131で制し、20得点5リバウンド5アシスト3スティールを記録したマイルズ・ブリッジズ(シャーロット・ホーネッツ)がMVPに輝いた。

 一方のチームWORLDでは、ブランドン・クラーク(メンフィス・グリズリーズ/カナダ)が22得点8リバウンド、ルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス/スロベニア)が16得点5アシスト、八村塁(ワシントン・ウィザーズ)が14得点7リバウンド4アシストを挙げたが、最も奮戦していたのはRJ・バレット(ニューヨーク・ニックス/カナダ)だったと言っていいだろう。

バレットはペイントエリアへの道を自らこじ開けて点を重ねていった[写真]=Getty Images

「コートに入ったら、楽しんで勝利をつかみにいくだけ。僕はこの試合をたくさん見て育ってきた。この場でプレーしたいと思ってきたから」と試合前のメディア対応で語っていた昨年のドラフト1巡目全体3位指名のスイングマンは、ゲームハイの27得点に6リバウンド5アシスト3スティールをマーク。

 バレットが所属するニックスは、オールスターブレイクを迎えた時点でイースタン・カンファレンス13位の17勝38敗。トレードデッドラインには、3チーム間のトレードで得点源の1人だったマーカス・モリスSr.をロサンゼルス・クリッパーズへ放出し、モーリス・ハークレスと複数のドラフト指名権を獲得した。

 ルーキーシーズンを送るバレットは「どの選手に最も助けてもらったかと言い切ることはできない。でもマーカスがいた時は、彼とよく話していた。ウイングのポジションでプレーしていたからね。あとはウェイン(・エリントン)とタージ(・ギブソン)だね。彼らは本当に、僕の毎日のルーティンや、フォーカスし続けることを助けてくれているんだ」とチームメートたちについて口にしていた。

「たくさんの選手たちが(新人王に)ふさわしい活躍をしている。ハードにプレーしているんだ。自分自身に投票できないのは何だかつらいね」

 前半戦終了時点で、バレットは45試合(うち先発は44試合)に出場して平均30.5分13.6得点5.1リバウンド2.4アシスト1.0スティール。ショット成功率は高いとは言えないものの、臆せずにペイントエリアへ入り込み、力強いステップからフィニッシュまで持ち込んでおり、フロースロー試投数(平均4.5本)はデューク大学のチームメート、ザイオン・ウィリアムソン(ニューオーリンズ・ペリカンズ/平均7.8本)に次ぐルーキー2位。平均出場時間でもディアンドレ・ハンター(アトランタ・ホークス/平均31.6分)に次ぐ2位を記録している。

 今季の新人王争いをリードしているのはジャ・モラント(グリズリーズ)というのが大多数の意見ではあるものの、バレットは15日に掲載された『The New York Post』へ自身の見解をこのように語っていた。

「たくさんの選手たちが(新人王に)ふさわしい活躍をしている。ハードにプレーしているんだ。自分自身に投票できないのは何だかつらいね」

アウトサイドシュートには難があるものの、リング下まで持ち込む突破力はルーキーでトップレベルのバレット[写真]=Getty Images

 バレットが所属するイーストでは、ケンドリック・ナン(マイアミ・ヒート)が10-11月、12月、1月の月間最優秀新人賞を独占。現状ではモラント、ナン、大穴でザイオンというのが新人王レースの現状なのだが、バレットは自身の考えをこう表現している。

「多くの選手たちが本当にいいプレーをしていると感じてる。いいルーキーがたくさんいるんだ。ジャはシーズンを通して自らのプレーを見せているし、ケンドリックもそう。ザイオンも戻ってきたしね。でも僕は、自分を信じることをやめたりはしない」。

 新人王争いを制する選手は、チーム成績よりも個人成績を重視されるケースがあるものの、今季はモラントがけん引するグリズリーズ、ナンが所属するヒートがいずれもプレーオフ出場圏内にいるため、ニックスのバレットはどうしても不利に映ってしまう。

 それでも、オールスターブレイク明けに怒濤のスコアリングラッシュ、あるいはニックスを白星先行へと好転させることができれば、バレットにもチャンスはあるはずだ。