2022.03.02

八村塁、3P3本など11得点で勝利に貢献…ウィザーズは連敗ストップ

今シーズンの3ポイント成功率は50パーセントを超えた [写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 3月2日(現地時間1日)、八村塁所属のワシントン・ウィザーズがホームのキャピタル・ワン・アリーナでデトロイト・ピストンズと対戦した。

 八村は第1クォーター残り3分25秒から途中出場。同1分11秒にコーリー・キスパートのアシストからジャンプショットを決めたが、その後が続かず、前半はわずか2得点を挙げるにとどまった。

 後半は79-76で迎えた第3クォーター残り5分2秒からコートに立つと、同2分6秒に8試合連続となる3ポイントシュートを沈め、同1分にも長距離砲を成功。第4クォーター開始2分43秒にはリードを12点に広げる3ポイントを決め、2試合連続で2ケタ得点を達成した。

 試合を通じて11得点1リバウンドをマーク。今シーズンは3ポイントシュートを46本中24本沈め、成功率は52.2パーセントまで達した。

 なお、試合は116-113で勝利を収め、連敗を「2」で止めた。

八村 塁の関連記事

BASKETBALLKING VIDEO