2023.11.23

名将が試合中に異例の行動…場内放送マイク握り「ブーイングやめて」ファンに自制促す

場内放送と同時に大きなジェスチャーでファンに注意したポポビッチHC[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月23日(現地時間22日)、NBAでは各地でレギュラーシーズンが行われ、サンアントニオ・スパーズはホームでロサンゼルス・クリッパーズと対戦した。

 この試合では、元スパーズでリーグ優勝の立役者にもなったカワイ・レナード(クリッパーズ)が古巣に凱旋。しかし、第2クォーター残り3分、レナードがフリースローを打つ際にスパーズファンからブーイングが起こってしまった。

 これに反応したのが、NBA歴代最多勝記録を持つスパーズのグレッグ・ポポビッチヘッドコーチ。試合中にもかかわらず場内アナウンスのマイクを握ると、「ブーイングをやめて選手たちにプレーをさせてくれ」とファンを注意。「我々はそんな集団じゃない」とスパーズファンの行動をいさめ、フランチャイズに栄光をもたらしたレナードに敬意を払うように話した。

 その後、場内は拍手とブーイングが入り交じる状況となったが、大きな混乱なく、すぐさま試合再開。レナードは35分の出場で26得点4リバウンド4アシストと両軍最多の得点をマークし、試合もクリッパーズが109-102で勝利している。

BASKETBALLKING VIDEO