2023.12.05

10、11月の月間最優秀新人賞にサンダーのホルムグレン、ヒートのハケスJr.が選出

ホルムグレン(左)とハケスJr.(右)[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 12月5日(現地時間4日、日付は以下同)。NBAは10、11月の月間最優秀新人賞を発表。ウェスタン・カンファレンスからはオクラホマシティ・サンダーのチェット・ホルムグレン、イースタン・カンファレンスではマイアミ・ヒートのハイメ・ハケスJr.が選ばれた。

 ホルムグレンは期間中に18試合すべてで先発出場し、平均30.0分17.9得点7.8リバウンド2.1ブロックにフィールドゴール成功率53.7パーセント、フリースロー成功率87.1パーセントを記録。

 11月19日のゴールデンステイト・ウォリアーズ戦では延長に持ち込む3ポイントシュートを決めるなど、サンダーの新人最多記録となる36得点の大暴れを見せた。

 一方のハケスJr.は期間中に平均26.6分12.0得点3.9リバウンド2.5アシスト1.1スティールに加えてフィールドゴール成功率52.9パーセント、3ポイントシュート成功率39.0パーセント、フリースロー成功率87.5パーセントをマーク。

 12月4日を終えた時点で、ホルムグレンが主力の一角を務めるサンダーはウェスト2位の13勝6敗、ハケスJr.がプレーするヒートはイースト7位の11勝9敗を残している。

 なお、10、11月の月間最優秀新人賞の候補に挙がった選手たちは下記のとおり(以降チーム名は略称)。

■2023-24シーズン最初の月間最優秀新人賞候補に挙がった選手たち

<ウェスタン・カンファレンス>
ジョーダン・ホーキンス(ペリカンズ)
デレック・ライブリー2世(マーベリックス)
ビクター・ウェンバンヤマ(スパーズ)

<イースタン・カンファレンス>
ブランドン・ミラー(ホーネッツ)
クレイグ・ポーターJr.(キャバリアーズ)
アサー・トンプソン(ピストンズ)

BASKETBALLKING VIDEO