2022.10.20

【千葉J vs 滋賀】富樫とテーブスによる司令塔対決に注目

バスケ情報専門サイト

千葉ジェッツ vs 滋賀レイクス(@船橋アリーナ)
GAME1:10月22日16時5分 GAME2:10月23日16時5分

 千葉ジェッツは前節、サンロッカーズ渋谷と対戦。GAME1を87-90で落としたものの、GAME2は延長戦の末に96-93で競り勝った。富樫勇樹がB1史上初となる通算700本目の3ポイントシュート決め、26得点9アシストをマークしたほか、ジョン・ムーニーも20得点19リバウンドを記録。中心選手がそろって活躍して、東地区首位へ浮上した。

 ただ、失点は2試合ともに90点を超えた。今節迎え撃つ滋賀レイクスは1試合平均86.3得点と攻撃力に優れており、前節のGAME1で目立った3ポイントシュートやペイントエリアでの失点をチームで減らせるか。前線からの激しいディフェンスで相手の勢いを削ぎ、富樫や大倉颯太らがテーブス海キーファー・ラベナとの司令塔対決を制したい。

 対する西地区6位の滋賀は、アウェーで連敗ストップを目指す。前節の広島ドラゴンフライズ戦では勝ち切れずに2連敗。GAME1はテーブスが13得点10アシスト、イヴァン・ブバが16得点とチームをけん引したが、延長戦の末83-86で敗れた。GAME2では前半で17点のリードを奪ったが、後半に失速し81-83で競り負けた。

 滋賀は2戦ともに後半でリズムを崩しており、試合中の対応力に課題を残す。今節は千葉Jのディフェンスに対して、柔軟な攻撃を展開したいところ。ブバは前節負傷した影響でインジュアリーリストへ登録されたため、ケルヴィン・マーティンジェイコブ・ワイリーはもちろんのこと、川真田紘也の活躍に期待がかかる。

 文=大橋裕之

■ロスター
・千葉J(HC:ジョン・パトリック)
富樫勇樹
ヴィック・ロー
二上耀
西村文男
大倉颯太
佐藤卓磨
ギャビン・エドワーズ
ラシードファラーズ
荒尾岳
原修太
ジョン・ムーニー
クリストファー・スミス

・滋賀(HC:ルイス・ギル)
ジェイコブ・ワイリー
ケルヴィン・マーティン
テーブス海
杉浦佑成
柏倉哲平
キーファー・ラベナ
野本大智
星野京介
イヴァン・ブバ ※インジュアリーリスト
狩野祐介
森山修斗
川真田紘也

この試合の他の記事

千葉ジェッツの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO