2019.03.30

今夏FAになるラジョン・ロンド「レイカーズに残ってこの組織の成長を手助けしたい」

レイカーズと再契約することを希望したロンド[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

再契約は「コントロールできない」と認識しつつも「すばらしい組織」と高評価

 3月30日(現地時間29日)に行われたシャーロット・ホーネッツ戦。ホームのステープルズ・センターで臨んだロサンゼルス・レイカーズは129-115で勝利し、今季34勝目(42敗)を手にした。

 この日のレイカーズはレブロン・ジェームズがゲームハイの27得点に9アシスト、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープが6本の3ポイント成功を含む25得点、カイル・クーズマが20得点を挙げるなど、計6選手が2ケタ得点を奪取。

 そして先発ポイントガードを務めたラジョン・ロンドは、1989年にアービン“マジック”ジョンソン(現バスケットボール運営部門代表)が残して以来初となる17アシスト5スティールをたたき出し、勝利に大きく貢献した。

 レイカーズは今季のプレーオフ出場を逃してしまったため、今夏に大きな戦力補強に動くことが予想されている。現有戦力の中で、来季も契約下にある主力選手は昨夏加入したレブロンと、クーズマ、ブランドン・イングラムロンゾ・ボール、ジョシュ・ハートというヤングコアのみ。

昨夏加入したベテラン陣(左からロンド、マギー、スティーブンソン)は今夏そろってFAとなる[写真]=Getty Images

 つまり、ロンドやジャベール・マギー、ランス・スティーブンソン、今季途中加入したタイソン・チャンドラーといったベテラン陣は今季終了後に制限なしフリーエージェント(FA)として他チームへ移籍する可能性が十分あるということだ。

 ホーネッツ戦終了後、ロンドは現地メディア『ESPN』から「来季もレイカーズの一員として戻ってきたいか」と聞かれると「もちろん」と即答。キャリア13シーズン目の今季、初めてレイカーズでプレーするロンドは、このチームに手ごたえを感じているという。

「この夏、僕をはじめとするFAの選手がどれくらいチームに残るかは分からない。これは自分でコントロールできることではないからね。でも僕は、このチームはすばらしい組織だと感じている。ここにいるスタッフや人々について僕は良く言うことはできない。ただ、彼らは本当に親切だし、協力的なんだ。だから僕はここでプレーを続けたいし、できることならこの組織の成長を手助けしたいんだ」とロンドは言う。

 豊富なプレーオフ経験とタフネス、そして優勝経験を誇るベテランのロンドは、ボールをはじめとする若手から質問攻めにあうなど、その唯一無二の知識と経験を重宝されていた。

「僕はまだ33歳」と今後も活躍を続けることができると自信を見せるロンド

 今季のレイカーズはレブロンをはじめ、ボールやイングラム、そしてロンド自身もケガに見舞われたため、フルメンバーがそろってシーズンを送ることができたとは言えないだけに、ロンドが来季もレイカーズのユニフォームを着用する可能性はあるだろう。

 ロンドは昨夏、1年900万ドル(約9億9,000万円)でレイカーズと契約を結んだのだが、ロンドの代理人を務めるビル・ダフィーは複数年契約を結ぶことについても話し合っていたという。

「僕らは(複数年契約についても)話し合ったんだ。長期間における契約までね。そもそも、僕はまだ33歳なんだ」とロンドは打ち明けた。

 今季終了後、おそらくレイカーズはオールスター級の超大物選手を獲得し、来季以降にプレーオフ進出、そして優勝を狙うべく戦力を整えていくことになる。その構想の中にロンドがいるかは分からないものの、ロンドの実力は健在で、司令塔として貴重な戦力であることは間違いない。

 ロンドはレイカーズと再契約を結ぶことができるのか。はたまた、キャリア7チーム目となる新天地へと移籍するのか。気になるところだ。

現地時間2月7日のセルティックス戦でブザービーターを決めたロンドを祝福するチームメートたち[写真]=Getty Images

BASKETBALLKING VIDEO