2021.06.09

シクサーズが勝利し1勝1敗のタイに…ジャズはホームで先勝/NBAプレーオフ

ジャズのドノバン・ミッチェルが45得点をマーク[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 6月9日(現地時間8日)、「NBAプレーオフ2021」の準決勝2試合が行われた。

 イースタン・カンファレンスでは、フィラデルフィア・セブンティシクサーズがアトランタ・ホークスとの第2戦に臨み、118−102で勝利を収めた。57−55と僅差で前半を終えるが、第4クォーターでディフェンスの強度を上げて相手を18点に抑える。その一方でエンビードやジョージ・ヒル、シェイク・ミルトンが着実に加点し、シリーズを1勝1敗のタイに戻した。エンビードが40得点13リバウンドと獅子奮迅の活躍を見せたほか、トバイアス・ハリスが22得点、セス・カリーが21得点を挙げ、勝利に貢献した。

 ウェスタン・カンファレンスでは、ユタ・ジャズがロサンゼルス・クリッパーズと対戦。前半終了時点で47−60とビハインドを背負う展開となったが、第3クォーターで相手を19点に抑えることに成功。79−79の同点で迎えた最終クォーターは、ジョーダン・クラークソンやボヤン・ボグダノビッチが3ポイントシュートを沈め、一時10点リードを奪う。試合終盤に反撃を喫し、3点差まで詰め寄られるものの、112−109で逃げ切った。ドノバン・ミッチェルが45得点でチームハイを記録し、クラークソンとボグダノビッチが18得点をマークした。

■試合結果
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ 118−102 アトランタ・ホークス
ユタ・ジャズ 112−109 ロサンゼルス・クリッパーズ

BASKETBALLKING VIDEO