2024.01.14

インシーズン・トーナメントは続行…コミッショナー「来年も開催することは確かです」

NBAコミッショナーのアダム・シルバー[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 1月12日(現地時間11日、日付は以下同)。NBAコミッショナーのアダム・シルバーは、ブルックリン・ネッツクリーブランド・キャバリアーズによる「NBAパリゲーム2024」の開催前に会見に応じ、今シーズンから採用された「NBAインシーズン・トーナメント」についてこう振り返っていた。

「我々は最初のシーズンを終え、成功を収めたことに満足しています。おそらくいくつか微調整をするでしょうが、来年も開催することは確かです」

 昨年11月4日からグループリーグがスタートしたこのトーナメントは、12月10日にネバダ州ラスベガスのTモバイル・アリーナで決勝戦が開催され、ロサンゼルス・レイカーズインディアナ・ペイサーズを下してNBAカップを獲得。

 レギュラーシーズン序盤ながら、激しい試合がいくつも展開され、当初の予想以上に盛り上がりを見せた。オールトーナメントチームには初代王者となったレイカーズから大会MVPのレブロン・ジェームズアンソニー・デイビス、ペイサーズのタイリース・ハリバートンミルウォーキー・バックスヤニス・アデトクンボフェニックス・サンズケビン・デュラントが選ばれている。

 NBAのシーズンはレギュラーシーズンとプレーオフを合わせると約8カ月間という長丁場。プレーオフは4戦先勝シリーズで同じチーム相手に最大で7試合、最長で約2週間も対戦するのだが、このインシーズン・トーナメントは準々決勝以降が一発勝負で、これまでとは異なるフォーマットでも注目を浴びていた。

 NBAチャンピオンとは異なるものの、インシーズン・トーナメントで準々決勝へ進出した8チームには賞金、大会を制したチームには来年以降も“NBAカップの王者”という称号が与えられることから、次回のトーナメントではどのチームが制するかは必見だ。

 なお、今年のパリゲームはドノバン・ミッチェルが45得点12リバウンド6アシスト4スティールの大暴れを見せ、キャブズが111-102でネッツに勝利している。

BASKETBALLKING VIDEO