2023.09.09

バスケW杯で活躍した有望株を『HoopsHype』がピックアップ…日本の若手ガード・河村勇輝を絶賛

米メディアが河村の活躍に注目[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 9月9日(現地時間8日)、アメリカのNBA情報サイト『HoopsHype』が「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」で目覚ましい活躍を残した有望株を紹介。男子日本代表(FIBAランキング36位)をけん引した河村勇輝横浜ビー・コルセアーズ)が、そのうちの1人としてピックアップされた。

 昨年末、同メディアが公開したプロリーグ所属選手限定のドラフトランキングにおいて、28位に選ばれていた河村。なお、日本人としては唯一のランクインである。同メディアは以前から同選手に注目しており、今大会でも河村はその期待に応える活躍を見せた。

 1次ラウンドのフィンランド代表(同24位)との一戦、河村は多彩なアシストや得点パターンで25得点9アシストをマークし、格上からの金星に大きく貢献。17-32位決定戦のベネズエラ代表(同17位)戦では19得点11アシストのダブルダブルを叩き出し、逆転勝利の立役者となった。

『HoopsHype』は河村が見せたパフォーマンスを、「才能を世界にアピールする大きな舞台でも期待を裏切らなかった」と絶賛。サイズで劣る部分を切れ味鋭いドライブ、そしてパスでカバーしたと評価している。9日時点で河村が記録した1試合平均7.6アシストは全体3位につけており、同メディアは同選手の活躍を「母国ではしばらく記憶に残ることだろう」と表現した。

 富永啓生(ネブラスカ大学)とともに、若手コンビでチームを支えた河村。今大会で知名度を上げた日本のポイントガードには、ますます期待が高まるだろう。

ビッグマン相手にも果敢にドライブを仕掛けた河村(右)[写真]=Getty Images

BASKETBALLKING VIDEO