2023.01.15

自身初のオールスターを満喫した河村勇輝「すべてのことが新鮮でした」

オールスターゲームの第4クォーターには、チームメートの協力でダンクに挑戦した河村[写真]=B.LEAGUE
バスケ情報専門サイト

 1月14日にアダストリアみとアリーナで「ドットエスティ B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2023 IN MITO」の『ドットエスティ B.LEAGUE ALL-STAR GAME』が行われ、B.BLACKが127-123でB.WHITEに勝利した。

 オールスターゲーム終了後には記者会見が行われ、B.BLACKのキャプテンを務めた河村勇輝横浜ビー・コルセアーズ)は、「この2日間、リーグ戦とは違った雰囲気でバスケットをすることができて本当に楽しかったです。オールスター本戦では僕が最初掲げていたとおり、勝って終わることができてうれしく思っています」と心境を語った。

B.BLACKが接戦となった好ゲームを制した[写真]=B.LEAGUE

 過去最多得票により自身初めてのオールスターゲームへの出場を果たした河村は、『G-SHOCK スキルズチャレンジ』でも優勝を飾るなど、3年ぶりに開催されたBリーグオールスターを満喫した。「すべてのことが初めてということで新鮮でしたし、またこういった機会があれば、ぜひプレーできればいいなと思いました」。

 オールスターゲームの第4クォーターには、チームメートとなったセバスチャン・サイズアルバルク東京)とジャック・クーリー琉球ゴールデンキングス)に抱え上げられ、ダンクシュートに挑戦。惜しくもボールがリングに弾かれ、失敗に終わったことについて聞かれると「もちろん成功させたかったですけど、次の機会に取っておこうかなと思います」と語り、今後のオールスターでの豪快なダンクに期待を残した。

 また、この試合は167センチの富樫勇樹千葉ジェッツ)と172センチの河村によるジャンプボールで始まるなど、“ユウキ対決”にも注目が集まったが、その勝敗については「負けだと思います」と苦笑い。

オールスターでも“ユウキ対決”が実現し、試合開始から会場を盛り上げた[写真]=B.LEAGUE

「ジャンプボールでは僕の方が身長が10センチくらい高いのに負けましたし、試合最初のポストプレーも桶谷(大/琉球)ヘッドコーチがデザインしてくださったのに、プレッシャーに負けて決め切ることができなかったので、まだ富樫さんの壁は高いなと思いました」

 ユーモアを交えつつ敗因を語った河村だが、第1クォーターではチームメートの篠山竜青川崎ブレイブサンダース)とともに富樫へダブルチームを仕掛け、見事にボールをスティールする場面も。河村は「篠山選手から試合前に『ディフェンスができるラインナップだから、ディフェンスでも魅せていこう』と言ってもらっていたので、自分たちで追い込んでスティールすることができて良かったです」と会場を盛り上げたハイライトを振り返った。

 さらに、河村は第4クォーター残り1分1秒に、B.BLACKの勝利を手繰り寄せる3ポイントシュートを沈めるなど、14得点5アシストと存在感を発揮。大きなインパクトを残して自身初めてのオールスターを終えた。

ディフェンスでも観客を沸かせた篠山(左)と河村(中央)[写真]=B.LEAGUE

河村 勇輝の関連記事

横浜ビー・コルセアーズの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO