2023.10.15

群馬が1点差で逃げ切りホーム開幕2連勝…河村勇輝が40得点と爆発も横浜BCは雪辱ならず

ホームのファンの前で連勝を飾った群馬[写真]=B.LEAGUE
バスケ情報専門サイト

 10月15日、各地でB1リーグ第2節が開催され、群馬クレインサンダーズ横浜ビー・コルセアーズとホームで対戦した。

 第1戦に100-91で勝利した群馬は、辻直人が8得点とチームをけん引し、23-17で第1クォーターを終える。続く第2クォーターでは、横浜BCの河村勇輝に10得点、デビン・オリバーに8得点と活躍を許す。さらに、クォーター終了間際には河村にハーフコートブザービーターを決められ、42-39と逆転されて試合を折り返した。

 迎えた第3クォーターでも河村に10得点を奪われるが、辻とベン・ベンティルを軸に得点を伸ばした群馬が、64-58で最終クォーターへ。しかし、勝負の第4クォーターでも河村の勢いは止まらず、15得点を献上することに。

 試合残り34秒には河村に逆転の長距離砲を決められるが、残り15秒にベンティルのフリースローでリードを奪い返す群馬。ラストプレーではコート上の5人がハードなディフェンスを発揮し、河村の2度のシュートチャンスを守り切ると、最後は81-80で逃げ切り勝利を飾った。

 ホーム開幕戦で2連勝を飾った群馬は、辻が19得点、ベンティルが15得点、マイケル・パーカートレイ・ジョーンズが11得点、並里成が10得点6アシストをマーク。

 一方の横浜BCは、河村が6本の3ポイントを含む40得点4アシストと大車輪の活躍を見せるも、ほかの2ケタ得点者はオリバーの11得点のみとなり、悔しい連敗となった。

■試合結果
群馬クレインサンダーズ 81-80 横浜ビー・コルセアーズ(@オープンハウスアリーナ太田)
群 馬|23|16|25|17|=81
横浜BC|17|25|16|22|=80

横浜ビー・コルセアーズの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO