2018.07.30

インハイ女子注目選手(8)今野紀花(聖和学園)「非の打ちどころがない万能選手」

チームの絶対的エースである今野[写真]=河野大輔
大学時代より取材活動を開始し、『中学・高校バスケットボール』編集部を経て独立。メインフィールドである育成世代から国内バスケット全体を見つめる"永遠のバスケ素人"。

8月2日から8月7日にかけて愛知県の一宮市、小牧市、名古屋市で行われる「平成30年度全国高等学校総合体育大会 バスケットボール競技大会(インターハイ)」。『バスケットボールキング』では、今大会の女子注目選手8人をピックアップした。

■女子注目選手(8)今野紀花(3年/聖和学園高校/宮城県)

 昨年のインターハイ2回戦、聖和学園高校は上位候補だった八雲学園高校(東京都)を破る金星を挙げた。その原動力として活躍したのが、29得点15リバウンドを挙げた当時2年生エース・今野紀花。178センチの長身に似つかわしくない機動力、シュート力、ボールハンドリング力を備えた、今大会屈指のオールラウンダーだ。

 スキルだけでなく、指導者のアドバイスを咀嚼して自分が必要だと判断したものを選択し、吸収していく賢さもある。周りへの気遣いも惜しみなくでき、声かけも率先して行えるなど、人間的にも非の打ちどころがない選手だ。ただ、その気遣いが押しの弱さと同義になり、プレーが消極的になることもあったという。

4月にはフル代表候補にも選出された逸材[写真]=河野大輔

 そんな今野が変わるきっかけとなったのが、奥山理々嘉(八雲学園3年)とともに最年少メンバーとして参加した4月の日本代表合宿だ。並みいる先輩たちとタフな練習をこなし、自チームに合流した時には小野裕コーチにこう話したそうだ。

「先生、わかりました。目指すべきところがわかりました。だからがんばります!」

 以後は、周りを気にすることなく貪欲に自主練習に励むように。1年生の頃からずっと練習を積んできたワンハンドでの3ポイントシュートも、いよいよ実戦で使える段階までやってきた。

 高校最後の夏、覚醒したエースはチームをどこまで引っ張りあげられるか。

文=青木美帆

インターハイ2018 女子のバックナンバー