2023.09.01

“父超え”W杯2勝目の富永啓生「もっともっと決めていかないと」最終戦で奮起誓う

劣勢だった第2Qに3ポイントを決めた富永[写真]=fiba.basketball
バスケ情報専門サイト

 8月31日、「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」の17-32位決定ラウンド初戦が沖縄アリーナで行われ、日本代表(FIBAランキング36位)は86-77でベネズエラ代表(同17位)に勝利した。

 1次ラウンドに続いて4試合連続ベンチスタートだった富永啓生は、14分19秒の出場で5得点1リバウンド1アシスト。オーストラリア戦で不発だった3ポイントシュートは、この試合でも5本中1本の成功に留まったが、チームは最大15点差を逆転し、パリオリンピック出場権獲得に王手をかける貴重な白星を掴んだ。

 試合後の取材に応じた富永は、「最後ビハインドからカムバックできてよかった。負けているときは自分たちのシュートもなかなか入らなかったり、難しいところもありましたけど、ああやって一人二人がシュート入りだしてくると自分たちの流れになる」と試合を振り返り、逆転勝利の立役者となったチーム最年長の比江島慎については「すごく頼もしかった」と最敬礼した。

 ただ、苦しい試合運びとなってしまった前半の内容については、「今までの対戦相手からレベルが下がってきたなかでのビハインドは良くなかったと思いますし、前半からもっと自分たちのペースでやっていかないといけない」と反省。自信のパフォーマンスについても「(3ポイントを)もっともっと決めていかないと。チームに迷惑をかけている。最終戦は決めきっていきたい」と引き締めた。

 元日本代表の父・啓之さんが出場した1998年の世界選手権(現ワールドカップ)を超える大会2勝目を手にし、富永は「すごくうれしいこと」と喜びを口にしつつ、「次の試合で勝たなきゃ何もないので、自力でパリオリンピック出場を決めたいと思います」ともコメント。48年ぶりとなる自力での五輪出場権獲得へ力を込めた。

 日本の今大会最終戦は2日20時10分開始予定のカーボベルデ戦(同64位)。試合の模様はテレビ朝日系列で生中継、DAZNとTVerでライブ配信される。

BASKETBALLKING VIDEO