2023.09.01

アジア1位は日本が優位に…中国とレバノンが初白星で望みつなぐ/ワールドカップ2023【31日試合結果一覧】

パリオリンピック出場権獲得に王手をかけた日本代表 [写真]=fiba.basketball
バスケ情報専門サイト

 8月31日、「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」が大会7日目を迎えた。17-32位決定ラウンドでは、フィリピンでグループMとグループN、日本でグループO、インドネシアでグループPのそれぞれ2試合が行われた。

 1次ラウンドの結果が持ち越される同ラウンドでは、グループAとグループB、グループCとグループD、グループEとグループF、グループGとグループHのそれぞれ下位2チームが同じグループに所属。1次ラウンドで同じグループに所属したチーム以外の2カ国と対戦し、最終順位を決定する。

 グループMでは中国代表(FIBAランキング27位)がアンゴラ代表(同41位)を下して大会初白星。フィリピン代表(同40位)は南スーダン代表(同62位)に敗れ、4連敗でグループMの最下位に沈んだ。

 メキシコ代表(同31位)が108得点を奪ってニュージーランド代表(26位)を撃破。ヨルダン代表(同33位)はエジプト代表(同55位)に敗れ、大会初白星を逃した。

 グループOではフィンランド代表(同24位)、日本代表(同36位)がそろって勝利。アジア勢ではレバノン代表(同43位)が中国とともに初白星を手にし、「2024年パリオリンピック」の出場権を獲得できるアジア1位に望みをつないだ。

 各チームが1試合を残し、2勝を挙げる日本は勝利で出場権を獲得するが、敗れた場合は他国の結果次第となる。

■「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」17-32位決定ラウンド 試合結果、順位表(8月31日開催)
・グループM
アンゴラ 76-83 中国
南スーダン 87-68 フィリピン

1:南スーダン(2勝2敗+2)
2:中国(1勝3敗-73)
3:アンゴラ(1勝3敗-19)
4:フィリピン(0勝4敗-42)

・グループN
ニュージーランド 100-108 メキシコ
エジプト 85-69 ヨルダン

1:エジプト(2勝2敗+3)
2:メキシコ(1勝3敗-70)
3:ニュージーランド(1勝3敗-36)
4:ヨルダン(0勝4敗-93)

・グループO
カーボベルデ 77-100 フィンランド
日本 86-77 ベネズエラ

1:日本(2勝2敗-19)
2:フィンランド(1勝3敗-39)
3:カーボベルデ(1勝3敗-57)
4:ベネズエラ(0勝4敗-41)

・グループP
コートジボワール 84-94 レバノン
フランス 82-55 イラン

1:フランス(2勝2敗+1)
2:レバノン(1勝3敗-90)
3:コートジボワール(1勝3敗-50)
4:イラン(0勝4敗-90)

BASKETBALLKING VIDEO