2020.07.19

キャリア3年目でオールスター初選出を飾ったミッチェル/2019-20NBA通信簿選手編⑲

相棒ゴベアと共にオールスター初選出となったミッチェル[写真]=Getty Images
NBA好きが高じて飲食業界から出版業界へ転職。その後バスケットボール雑誌の編集を経てフリーランスに。現在はNBAやBリーグのライターとして活動中。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、世界最高峰のエンターテインメント、NBAは3月13日(現地時間12日、日付は以下同)より2019-20レギュラーシーズンを中断することを余儀なくされた。6月に入り、7月31日からフロリダ州オーランドで22チームが参戦し、シーズンを再開することが決まった中、65試合前後を消化した各チームならびにその主要選手たちを振り返っていきたい。
※データは日本時間3月12日終了時点、%=パーセント、評価は上から順にS、A、B、C、D、Eの6段階

2019-20シーズンNBA通信簿選手編⑲ドノバン・ミッチェル

所属:ユタ・ジャズ(ウェスタン・カンファレンス4位)
総合評価:A

■プロフィール
生年月日(年齢):1996年9月7日生まれ(23歳)
ポジション:ガード
身長/体重:185センチ/97キロ
NBAキャリア:3年目
  
<今季ここまでの功績>
オールスター選出(初)

<2019-20シーズン 個人成績>
平均出場時間:34.4分
平均得点:24.2得点(リーグ14位)
平均リバウンド:4.4本
平均アシスト:4.2本
平均スティール:1.0本
平均ブロック:0.2本
フィールドゴール成功率:45.3%
3ポイント成功率:36.4%
フリースロー成功率:85.9%

■主要項目におけるシーズンハイ(相手チーム名は略称)
出場時間:42分20秒(20年1月17日/対ペリカンズ)
得点:46得点(同上)★(キャリアハイタイ)
リバウンド:12本(19年10月24日/対サンダー)★
アシスト:9本(2度)
スティール:3本(7度)
ブロック:1本(12度)
フィ―ルドゴール成功数:16本(20年1月17日/対ペリカンズ)★
3ポイント成功数:7本(同上)★(キャリアハイタイ)
フリースロー成功数:10本(5度)
★=キャリアハイ

ミッチェルはペリカンズ戦で今季最多の46得点を奪った[写真]=Getty Images

初の球宴選出に「ユタ州を代表して出られるなんて、ものすごく光栄だね」

 昨夏FIBAワールドカップでアメリカ代表の主力を務めたミッチェル。スーパースターたちの相次ぐ出場辞退により、ベストメンバーとは程遠いロースターとなり、アメリカ代表は歴代ワーストの7位に終わってしまった。

 その中で、ミッチェルは平均27.2分13.1得点4.3リバウンド5.0アシスト1.1スティールと奮戦。「皆は今、俺がスコアリングしていることしか見ていないかもしれないけど、俺がドラフトされたのはディフェンス力があったからだと思ってる。ディフェンスは本当にプライドを持って取り組んでいることの1つなんだ。俺はまだ22歳と若いから、ほかの選手たちとは違うんじゃないかな」と『The New York Times』へ話しており、ディフェンスもプライドを持ってこなしていた。

 昨夏ジャズはトレードやフリーエージェント(FA)戦線で積極的に動き、ミッチェルが加入してから最高の戦力をそろえたことで、ウェスト上位候補として今季を迎え、開幕5試合で4勝を挙げるなど好スタートを切る。

 12月中旬以降は16試合で10連勝を含む15勝をマークし、リーグ上位へと上昇。ルーキーイヤーからエースとして平均20得点以上を記録するミッチェルは、強じんなメンタルタフネスを持ち、依然としてチームトップのスコアラーとして今季も活躍。

シューティングガードとしてはアンダーサイズながら、屈強な肉体と恵まれた身体能力、豊富なスキルでカバー[写真]=Getty Images

 11月21日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦では、コートサイドに座っていたファンから野次を浴びる中、後半だけで16得点を奪うなど計26得点の活躍で勝利に貢献。

「俺に野次を飛ばしてきた彼には感謝してるよ。この試合の俺はターンオーバーをしたり、悪いショットを放ったり、ディフェンスにしっかり戻れてなかったりして苦戦してた。それが野次によって、見返してやる気持ちになれたんだから」と自身に対する批判をエネルギーへと変えていた。

 ジャズは過去2シーズンというもの、プレーオフには毎年進出していたものの、オールスターに選ばれた選手は皆無だった。「オールスター選手がいなかろうと、俺たちは勝ちにいくだけ」とルディ・ゴベアが話していたのだが、1月26日にダラス・マーベリックスを下した試合後、ジョー・イングルズはミッチェルとゴベアをこう評している。

「あの2人がオールスターかって? 間違いないね。両者ともだ。このチームは彼らなしじゃ成り立たない。彼らがいなければこの成績を残すことはできない。あの2人は僕らにチャンスを与えているんだ」。

 今季は12月中旬から一気に成績を上げ、リーグ上位グループに入っていたこともあり、ヘッドコーチ投票によるリザーブメンバーにミッチェルとゴベアがそれぞれ初選出。

「ユタ州を代表して出られるなんて、ものすごく光栄だね。ルディも一緒だしね。ドラフトされた時、オールスターという舞台を思い描いてた。でもそれは長い年数がかかるものだと感じてた。それが3年目で叶うなんて、本当にスペシャルなことさ」。

 オールスター期間に行われた会見でそう口にしたミッチェルは、ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)がキャプテンを務める「TEAMヤニス」の一員として7得点5リバウンド4アシスト2スティール1ブロックをマーク。ゴベアも21得点11リバウンドと活躍し、ジャズの攻防の要が球宴の舞台で躍動した。

念願のオールスター本戦出場を果たしたミッチェル(右)[写真]=Getty Images

ゴベアとの関係も修復し、第二幕へ向けて始動
「もっといいパサーになろうとしている。もっとパスをさばける選手にね」

 だが3月12日のオクラホマシティ・サンダー戦を前に、ゴベアが新型コロナウイルス(COVID-19)の検査結果で陽性反応が出たことで試合は中止に。その後NBAは前代未聞のレギュラーシーズン中断へ。

 翌13日にミッチェルも陽性反応が出たことで感染が発覚。ゴベアは10日のトロント・ラプターズ戦前に行われた会見終了後、報道陣のレコーダーやマイクにわざと触れていた軽率な行為を謝罪したが、ミッチェルは「冷静になるのに少し時間がかかった」と『Good Morning America』へ話しており、中断後から1か月間ほど互いに連絡を取り合うことはなかった。

 だが中断期間に対話する時間を持ち、両者の関係は良好なものになったという。

「俺たちは同じ考えを持ってる。2人とも勝ちたいと思ってるし、そのためにはお互いが必要だとも分かってる。そこで多くのことを話し合ったんだ。たとえウイルスのことがなくとも、俺たちは完璧じゃない。人間関係とはそういうものさ。お互いを尊重するのが大事だ。俺はドノバンが脚光を浴びても構わない。試合に勝ちたい。ただそれだけさ」とゴベアは7月10日にコメント。

 ミッチェルも4日に「今の俺たちはいい関係だよ」と話しており、第二幕へ向けて力を合わせてチーム力向上に取り組んでいる。

勝利するために、ゴベア(左)とミッチェル(右)は互いを尊重し、第二幕へ臨む[写真]=Getty Images

 ボーヤン・ボグダノビッチ(平均20.2得点)が右手首の手術に踏み切ったことで、ジャズはチーム第2の得点源を欠く中で今月末からシーディングゲームへ臨むこととなる。

 ジャズにはマイク・コンリーやジョーダン・クラークソン、エマニュエル・ムディエイといったガード陣に加え、イングルズというプレーメイカーもいるのだが、ミッチェルは17日に行われた『Zoom』会見でこう意気込んでいた。

「もっといいパサーになろうとしている。もっとパスをさばける選手にね。レーンに入ってから、俺は何度もショットを放ってるけど、これからはもっとチームメートたちを見つけられる選手になりたいと思ってるんだ。特にボーヤンがいないから、その分をカバーしなきゃいけないからね」。

 ミッチェルはルーキーシーズンからチームの得点王になっており、得意のドライブやアリウープで迫力満点のダンクを叩き込んで観衆を沸かせているのだが、決してスコアリング一辺倒の選手ではない。プレーメイクもこなしており、今季もペイントアタックでディフェンス陣を引きつけてからノールックパスでコーナースリーのオープンショットを演出するなど、パサーとしても光るプレーを見せてきた。

 今季ミッチェルが7アシスト以上をマークした9試合で、ジャズは7勝2敗と大きく勝ち越している。第二幕でもオフェンスの中心としてミッチェルの活躍には大きな期待がかかる。

第二幕でもプレーメイカーとして躍動するミッチェルの姿を見られるはずだ[写真]=Getty Images

2019-20NBA通信簿選手編のバックナンバー

BASKETBALLKING VIDEO